Uncanny Valley

  •  
  • 560
  • 1
  • 1
  • English 
Sep 10, 2014 16:18
This was my homework. I've already submitted this, but I'm happy to share with you.
Moreover I'd be happy if you could fix my sentences.

The topic is "Pepper."
(Pepper is a humanoid robot by Aldebaran Robotics and SoftBank Mobile : http://en.wikipedia.org/wiki/Pepper_(robot) )

I don't know much about Pepper, so I'll introduce one of the theories about robots to you.
Humanoid is known that it has the uncanny valley.
“Uncanny” means strange, weird, unusual and difficult to explain.
Valley is a low place between mountains.

This theory shows how people feel when they see a humanoid.
At first people feel good chemistry for the robot if it looks like a machine but it has the part like a face. The features are getting closer to human, people feel friendly, even sympathy.
However the features get over the border, people suddenly feel strange or weird, sometimes even hatred.

So I don’t think the features of the robot should better get close to human too much.
I don’t know about Pepper’s functions, but at least the appearance seems good.
これは私の宿題でした。すでに提出しましたが、みなさんとシェアできたら嬉しいです。さらに添削していただけたら、なお嬉しいです。

トピックはペッパーについてです。
(ペッパーはアルデバラン・ロボティクスとソフトバンクによる人型ロボットです。詳しくはこちらを。→ http://en.wikipedia.org/wiki/Pepper_(robot))

ペッパーについてはよく知らないので、みなさんにロボットについての理論を一つ紹介します。
人型ロボットについては、「不気味の谷」というものがあることが知られています。"uncanny"は珍しくて、奇妙で、普通ではなくて、かつ説明しづらいことです。
"valley"は山の合間の低い場所のことです。

この理論は人が人型ロボットを見る時にどう感じるかということを表しています。
初め、人はそのロボットに対して、それが機械のようでも顔のようなパーツがあると、よい相性を感じます。その外見が人に近づくほど、親近感を持ち、共感すら感じます。
しかし外見がある一線を越えた途端、突然奇妙に怪しく感じます。時には嫌悪感さえも。
だから、ロボットの外見はあまり人間に近づけすぎないほうがいいと私は思います。ペッパーの機能については知りませんが、少なくとも見た目はいいと思います。