よくある間違いを直してみましょう!(6)

  •  
  • 10320
  • 30
  • 10
  • Japanese 
Mar 10, 2012 04:42
久しぶりの「よくある間違い」ですね!
ご存知のとおり、「よくある間違いを直してみましょう」という日記の一連はみなさんがよく犯す間違いを纏めて、説明してみますね。



最近、「最近」という副詞はとても流行っていますね。しかもLang-8に「最近」という副詞を使う方が多いでしょう。
しかしフランス語では「最近」は2つの翻訳があります。「Ces temps-ci」と「Récemment」ですが、みなさんはその2つの言葉の使い方が分からないようです。それは些細な違いを持っているからです。
前者の「Ces temps-ci」は一ヶ月.一週間.3日間.2日間という長くて不明な続いている時期を表します。

例文:

最近、電車内では行儀の悪い女性が多いです。
Ces temps-ci, il y a beaucoup de jeunes filles qui ont de mauvais comportements dans le train.
最近、フランス語に興味を持っている人が少なくなりました。
Ces temps-ci, il y a moins de gens qui portent un intérêt au français.

しかし後者の「Récemment」はとても詳しい時期か詳しい動作を表す表現です。

例文:

最近、私はパソコンを買いました。
Récemment, j'ai acheté un ordinateur.
最近、彼は痩せたようです。
Récemment, on dirait qu'il a maigri.

前者の文章には「Ces temps-ci」を使ってはいけません。なぜなら、毎日、パソコンを買っているわけではありませんね。(昨日.一昨日.3日前など)にパソコンを買いました。それはとても詳しい動作です。
「Ces temps-ci」を使うと、いつもパソコンを買っているように感じます。

上記の2つを完全に使いこなせるコツがあります。
それは時制です。
「Ces temps-ci」と一緒には複合過去を用いてはいけません。

例文:
×Ces temps-ci, il a beaucoup mangé.
◎Ces temps-ci, il mange beaucoup.最近、彼はたくさん食べています。

×Ces temps-ci, il n'y a eu pas beaucoup de gens dans les rues.
◎Ces temps-ci, il n'y a pas beaucoup de gens dans les rues.最近、道には人が少ないです。

些細な違いですよね?


毎日見かけるのは副詞の位置の間違いです。英語と同時にフランス語を勉強している方が多いので、その間違いを犯すのでしょう。
ですから、みなさんにフランス語で副詞をどこに置けばいいか教えてみます。
フランス語では「長い副詞」と「短い副詞」という副詞の種類があります。たくさんの文字を持つかによってこう呼ばれました。
単純時制には短い副詞は動詞の後に置きます。そして、複合時制には「avoir.être」という助動詞と過去分詞の間に副詞を置いてください。
しかし長い副詞を短い副詞のように置いてもいいですが、不自然な場合もありますし、時々文章の意味が全く変わるので、文末に置いた方がおすすめです。

例文(短い副詞):

(単純時制)

×Je bien mange mon dîner.
◎Je mange bien mon dîner.私は夕飯をよく食べます。

×Je souvent marche dans la rue.という文章はみなさんがよく間違えているのでしょう。なぜなら、英語と同じように副詞を主語と動詞の間に置きますが、フランス語ではとっても不自然だからです。
◎Je marche souvent dans la rue.私は道をよく歩きます。

(複合時制)

×Je suis assis mal.
◎Je suis mal assis.私は悪い姿勢で座っています。
×Je vite ai mangé.
◎J'ai vite mangé.私は早く食べました。

例文(長い副詞):

(単純時制)

×Je longuement bois.
◎Je bois longuement.私は長い時間飲みます.
×Il rapidement marche.
◎Il marche rapidement.彼は早く歩きます。

(複合時制)

×Je doucement ai fermé la porte.
◎J'ai fermé la porte doucement.私はそっとドアを閉めました
×Elle lentement a ouvert la fenêtre.
◎Elle a ouvert la fenêtre lentement.彼女はゆっくり窓を開けました。

長い副詞の悪い立場で文章の意味が変わる場合の例文。

Curieusement, il s'est tu.偶然に彼は黙りました。
Il s'est tu curieusement.妙に彼は黙りました。

前者の文章は偶然に黙ったという意味で、妙に(妙な行動とか)黙ったという意味ですね。
日本語でうまく翻訳できませんが、フランス語だと文章の意味が微妙に違います。
ですから、長い副詞は文末に書いてくださいね。


この日記がみなさんの役に立てるのなら、うれしいです!(^-^)

~~~~~

ぜひぜひ、以前に僕が書いた「よくある間違いを直してましょう」もご覧ください。
その中にはフランス語の句読点.大文字.小文字.砕けた言い方と作文らしい言い方などが揃っています。
下記のリンクをご覧ください。

「よくある間違い(1)」
http://lang-8.com/195048/journals/1208478

「よくある間違い(2)」
http://lang-8.com/195048/journals/1232270

「よくある間違い(3)」
http://lang-8.com/195048/journals/1254695

「よくある間違い(4)」
http://lang-8.com/195048/journals/1265098

「よくある間違い(5)」
http://lang-8.com/195048/journals/1275371

僕の拙い日本語でごめんなさい!