何でも覚えていられる人

  •  
  • 202
  • 2
  • 3
  • Japanese 
Apr 9, 2012 06:22

昔々あるところに、何でも覚えていられる人がいました。
ある日、王様はその人のことを聞いて興味を持ち、会いたくなりました。
数日後、二人は会い、王様が聞きました。
「本当に何でも覚えているのか?」。
「そうです。」とその人が答えました。
王様が「それなら、四年前、朝ごはんは何を食べたかったの?」と聞き返しました。
数分考えた後、その人は「卵でした。」と答えました。

王様は気に入らないので、城に帰って行きました。
五十年後、王様は年をとって記憶が悪くなりましたが、
ある日その人のことを思い出し、
「また会いたい」と思いました。
今だにその人がまだ記憶良いのかどうか興味がありました。

数日後、また二人は会い、王様が
「私のことは覚えているか?」と聞きました。
年をとったその人はちょっと考えました。
「あっ、そうですね。年を取ったので、
顔がちょっと変わりましたけど、
今思い出しました。王様ですよね。」と言いました。

王様が印象深かったので、「どうやった?!」と聞きました。
その人の覚え方の秘密が知りたかったからです。

その人は「どうやったって」と言いながら、
思い出そうとしました。
「あっ!はいはい。目玉焼きでしたよ」。


Img_hn_pc_bn300-3484a621094d33784ab18d6efd7f193a