アルバイト

  •  
  • 464
  • 1
  • 3
  • Japanese 
Apr 5, 2010 07:11
私の人生の中で一番最悪の日は始めてアルバイトを働きに行った日です。12月に日本に行けるように、イースター休みにも夏休みにもアルバイトをして自分でお金を貯めようと思っていました。その時に、姉はダーラムの城の帳場に働き始めたばかりで、私も働きたかったです。アルバイトをしたことありませんでしたから、面接をするのが必要だと思いました。ですが、大将は姉に「上手にできます」と言われましたから、大将に面接をされないで働き始めました。給与が高いし、とてもラッキーだと思いました。でも初めて日に頼まれすぎました。

そして、客さんが部屋がどこにあるか分かるために、帳場から一緒に歩いてあげます。でも、城があまり分かりませんでしたから、お客さん分からない所にあるへやを見せなくてはいけませんでした。城にある部屋だけじゃなくて、しろの近く建物にもありますよ。「すみませんが、働き始めたばかりなんですから、私もよく分かりませんね。しろの中にある部屋がどこにあるしか分かりません。」と言ってしまいました。

午後8時になってから、帳場が閉めます。7時58分に帳場に来て「チェックインをしてもいいですか」と聞かれて、「すみませんが、閉めるところなんです」と言いたかったですが、言えませんでした。それは  なんからです。

チェックインをしながら、予約した人から電話が来ていました。大将に「電話が来たら、電話をかけてはいけません」と言われましたから、ずっと電話の音がしました。

その日には、ダーラム大学で卒業した学生のクラス会と言うイベントがあったから、年上が沢山泊めてきました。城には会談が沢山あって、部屋に行く道を見せながら、客さんにしからてしまいました。

その日で一番悪いことをまだ教えていませんよ。誰か客さんは子供を二人連れてきました。ある部屋にカンップベッドが二つが必要でしたが、入っていませんでした。私のぎむじゃなくても、私とポーターと一緒に100の以上のかいだんに運ばなくては張りませんでした。2時間残業しましたよ。本当に困りましたよ。

今は春休みですね。夏に韓国と日本に行くつもりですから、アルバイトをしてばかりいます。初めて日はこんな酷かったですから、何でもできると思います。