政府が点字ブロックの路線を設計する時、障害物、非連続、奇形などの問題を避けるように実地考察をしなければならない。

  •  
  • 453
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Jan 5, 2018 16:56
政府が点字ブロックの路線を設計する時、障害物、非連続、奇形などの問題を避けるように実地考察をしなければならない。また、室内点字ブロックの敷設を強めなけらばならない、特に点字ブロックを敷設する時、点字ブロックの基準を厳守し、点字ブロックの補修も定期的に行わい、普段の巡視を増やして、点字ブロックへの無断駐輪の粛正を強めなければならない。点字ブロックの問題を解決するために専門的な管理機関を成立する必要があると思う。その一方、政府がバリアフリー化の宣伝を強めなければならない。点字ブロックだけではなくほかのバリアフリーの施設の重要性と使い方を宣伝して、国民のバリアフリー化の理解を深める。