March 9th, 2017

  •  
  • 203
  • 0
  • 1
  • English 
Mar 9, 2017 12:05
March 9th, 2017

I had English lessons yesterday.
I keep studying English in communication about for 3 years.
Ditus taught me English yesterday.
She is from The Philippines and lives in Japan for a long time.
She was the first teacher when I started to study English at the company, so I was happy to see her.
Her class is so good every time.
It's so interesting and funny.
She always makes me laugh and happy, and she encourages me.
I love her and her lessons.

Anyway, I learned about how to explain personalities and skills yesterday.
I think it's little bit difficult for Japanese, because there isn't a culture to explain about myself to other people usually.
Probably I think it's only time when people start or look for a job.
Almost Japanese think and worry about themselves sericously at the time.
But I did't actually experience that, because it's not nessesary in medical industry in Japan.
At least a resume of doctor doesn't have a blank of personalities, only when the person got a license and his career.
I think it's very strange, because it is most necessary thing in a doctor, especially a clinical doctor.
I always feel that when I work with them, because it's cozier and more smooth to work with each other.
2017年3月9日

昨日英語のレッスンがあった。
英会話の勉強を約3年間続けている。
昨日はディタスが英語を教えてくれた。
彼女はフィリピンから来ていて、日本には長い間住んでいる。
彼女は私がその会社で英語を習い始めた時の最初の先生だったので、彼女に会えてとても嬉しかった。
彼女の授業はいつもとてもいいです。
とても興味深くて面白いです。
彼女はいつも私を笑わせてくれ、幸せにしてくれるし、勇気づけられる。
私は彼女と彼女の授業が大好きです。

とにかく、昨日は性格と技術の説明の仕方を勉強しました。
私が思うにこれは日本人にとって少し難しいと思います。
なぜなら日本には他人に自分について説明する文化が普段ないからです。
多分仕事を始める時か探している時くらいではないかと思います。
ほとんどの日本人はその時に真剣に自分について考え悩むと思う。
でも、実は私は経験していません。
何故かというと日本の医療業界においてそれは必須ではないからです。
少なくとも医者の履歴書に性格を書く欄はなく、ただいつ免許を取得したかと経歴のみです。
私はとても変だと思っています。
なぜなら医者、特に臨床医にといて最も必要なことだからです。
私はいつも彼らと働くときにそれを感じます。
だってその方がお互いに心地よくスムーズに仕事が出来るでしょう。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app