卒業論文の序論

  •  
  • 221
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Sep 15, 2017 17:20
卒業論文の序論

円地文子は有名な文献学者や明治時代の文学の学者を父として、1905年10月2日に東京に生まれた。円地の若年の興味は日本の劇場で、初めの作品が戯曲であった。1930年に「東京日日新聞」の記者と結婚して、娘を生まれた。癌のせいで、乳房切除と子宮摘出を受けた。この外科手術は円地文子の作品にも影響を与えた。この時から色々な女性登場人物は障害を受けることがある。また東京大空襲で、家も物資もなくされた。1950年代から小説を書き始めて、今では第二次大戦略後の女流文学の代表的な作家として知られている。

初めて円地文子の作品を読んだ時から、いつも雰囲気や登場人物に魅了された。円地文子は平安時代の文学の影響を受けたから、近代に位置付けても古い雰囲気を伝える。また、女性登場人物は曖昧で神秘的である。円地文子の作品の目的は、道徳に虐げられた女の境遇を見せるのである。

特に、「女坂」や「妖」や「女面」を読んだ時、この作品の主人公はとても面白かったと思った。夫を憎んだまま、良妻であって、静かに復讐する。この復讐のために使われた道具は主人公の体である。それぞれの使われた体は違う。「女坂」の体は死体で、「妖」のは空想体だ。最後に「女面」のは肉体で、一般に生き体である。

この卒業論文の目的は、「女坂」や「妖」や「女面」の主人公の復讐や復讐のために使われた体を検討することである。そのためにこの作品の大切なポイントを考慮して、比べる。第一章に「女坂」や「妖」を検討して、第二章に「女面」を検討するつもりである。最後に、結論に検討されたことを比べるつもりである。