ベッタのラバ

  •  
  • 178
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Aug 11, 2017 22:18
ベッタのラバ

この伝説は、ミラノの近くに位置しているCorbettaというの村の名前を説明します。
中世のもやもや夕べに、マントを着ている騎士(きし)はラバと一緒にミラノから田舎(いなか)へ行きました。霧(きり)のせいで何も見えなかったから、騎士はラバに導(みちび)かせました。
「私のラバはとても頭がいい。見えなくても田舎への道を知っているはずだ!」って考えました。実際に騎士は聖(せい)アンブロージョでした。ミラノの住民(じゅうみん)にアンブロージョは司教(しきょう)を命じられましたが、アンブロージョは武士(ぶし)だったのでこの任務(にんむ)とするをほしがっていませんでした。ですからミラノから逃げていました。「私のラバは強くて、歩くのがいいのでもうすぐ田舎に着く。」と考えました。ところで、朝になるとまだミラノにいました!ラバは一晩中(ひとばんじゅう)町を回ってしまいました。人々は家や道からアンブロージョの名前を呼びて、鐘(かね)がつけました。これを聞いてアンブロージョはラバに「cur Betta, cur Betta」と言いました。「cur Betta」ミラノ表現で「走なさいベッタ」の意味があります。この日からミラノの近くにある村は「Corbetta」と言います。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app