Winnipegの歴史(パート1)

  •  
  • 683
  • 11
  • 4
  • Japanese 
Jan 11, 2011 11:10
今朝、今日の日記のために、話題について書きますか思いつけようとしていました。思いつきにくいなんです。しかし、Akilangの長野県について日記を読んだとき、やっと考えがおもいつけました!Winnipegについて書くことが決めました、故郷のです。ですから、Winnipegの歴史について少し教えてあげます。=)

まず、Winnipegの中央は、Red川とAssiniboine川の別れ川にあるので、Winnipegは住みつかれた前でも、ここにFirst Nationsという民族の会い場所でした!地元の考古学者の研究によると、First NationsがRed川とAssiniboine川の別れ川に6000年間以上前、会ってきましたよ!最初のWinnipegの地区に住みついたヨーロッパ人は、1812年にスコットランドから来ました。この入植者は、Hudson’s Bayに着いて、(Winnipegの北の湾)現在のWinnipeg につくために、York Boatという船で南に北のマニトバの湖を通って旅行しました。

スコットランド人達は、最初の永遠の住みついている人々なのに、フランス人の毛皮商人は、この地区をもう探検して、WinnipegにあっているFirst Nationsと取引しあいました。この男の人たちが、ほとんどわかものし、工業の東のカナダには、未来がない人々でした。彼らは、取引し始めたときに、First Nationsとともに、住むことが決めて、First Nationsの情勢を結婚しました毛皮商人がいっぱいいました。このフランス人の毛皮商人とFirst Nationsの情勢の夫婦の子供たちは、「Metis」とよばれるようになりました。このMetisという民族は、Winnipegの地区では、自分の生活を作りました。Winnipeg野地区に住んでいるFirst Nationsのように、遊牧民の生活を生きて、野牛を狩しました。

とりあえず、スコットランド人が着いて、住みつき始めたときに、Metisは、好きじゃありませんでした。実は、彼らは、土地と食べ物と毛皮の根源を失うと思いましたので、気分が脅されました。この緊張は戦い結果になりましたよ!

すみません!この日記が長くしすぎたと思います。。。次の日記に続きを書きます!


Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app