英→日翻訳 3 (記事)

  •  
  • 56
  • 3
  • 3
  • Japanese 
Jul 25, 2019 21:51
(オリジナル文章は母語の部分に書いてあります。変な文章がありましたら教えていただけませんでしょうか。よろしくお願い致します。)

ニュージャージー州は「デイリーファンタジースポーツ」(DFS)を認め、規制する法律を可決した州に所属した。

6月に上院から承認した後、クリス・クリスティ知事は昨日(木)案A-3532に署名した。

ニュージャージー州はDFSを合法化した州の中で16番目になった。

DFS運用者はニュージャージー州で行われる活動の資金が10.5%の税率の対象となる。

ニュージャージーロージャーナルは米国立法府から例を挙げ、合法化されたDFSのお陰で年度で660万ドル(560万ユーロ)に及ぶ追加収入を生成することが可能だと報告した。

他の法案にて制限は18歳の最低年齢、州で許可証を申請する要件、およびDFSブランドの従業員による活動の禁止など、さまざまな消費者保護が含まれます。

ファンタジースポーツを統制しようとしていることに対して、大手DFSブランドのDraftKingsとFanDuelのスポークスマン、マーク・ラ・ヴォルグナはニュージャージー州とクリス・クリスティ知事を賞賛した。
New Jersey has joined the expanding list of US states that have passed legislation that allows and regulates daily fantasy sports (DFS).

State Governor Chris Christie signed bill A-3532 yesterday (Thursday), after it was given approval by the Senate back in June.

New Jersey becomes the 16th state in the US to legalise DFS within its borders.

DFS operators will be subject to a tax rate of 10.5% on all revenue collected via activities in New Jersey.

Citing the Office of Legislative Service, the New Jersey Law Journal has reported that legalised DFS could help generate up to $6.6m (€5.6m) a year in additional revenue for the state.

Other restrictions featured in the bill include a minimum age of 18 for players, a requirement for operators to apply for a permit in the state, as well as a number of consumer protections such as banning play by employees of DFS brands.

Marc La Vorgna, acting as a spokesperson for leading DFS brands DraftKings and FanDuel, praised both New Jersey and Christie for moving to regulate fantasy sports.