ジョハリ窓の大きさに関するスクリップ

  •  
  • 250
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Sep 16, 2015 22:14
ロ;おはようございます。
チ:おはようございます。
ロ1:あのう、すみません。これはJ100Aの教室ですか。
チ1:はい、そうです。先生はまだいっらしゃいません。お名前は?
ロ:ローズです。
チ2:初めまして、ローズさん。チェンです。J10Bを取りましたか。
ロ2:いいえ、だから気になるのです。(キ)
チ3:心配しないで下さい。
ロ3:でも、悪い成績を取れば、私の4.0GPAは落ちてしまうのです。
チ4:わあ、本当に4.0がありますか。すごいです。
ロ4:はい、すごいのではないでしょうか。チェンさんのGPAはいくらですか。(ア)
チ5:ああ、それはちょっと…。あっ、何の趣味がありますか。
ロ5:元彼を尾ける (to stalk) ことが好きです。私は元彼が3人いますよ。チェンさんは元彼女が何人ですか?
チ:ええ…ああ…
ロ6:あっ、間違えた。4人がいます。昨日別れた彼氏のことを忘れてしまいました。彼はうざかったです。態度が悪くて、礼儀もなくて、自分について話すばかりで私に話すのチャンスをくれなかったのです。彼は話せば話すほど私がムッとしてしまいした。
チ6:はあ…そうですか。じゃ、別れて、良かったですね。
ロ7:はい。本当に良かったです。明日から彼を尾けるのを始めるつもりです。何をすればいいかを工夫するのが楽しみですわ。彼は貧乏だから、たくさん贋金をあげて、お金持ちになったのを感がえさせるのはどうでしょうか。気づいたときにきっと驚いて、どきっとしますね。
チ:はあ…
ロ8:そういえば、チェンさんはもう働いていますか。職業は何ですか。
チ7:そうです。ググるのコンピュータエンジニアで働いていますが。
ロ9:へえ、そうなんですか。じゃ、給料は高いのではないでしょうか。いくらですか。お金持ちですか。
チ:あ、それは…
ロ10:はい、決めた。チェンさん、私の彼氏になって。
チ8:ええ??それはちょっと…私たちは初めて会ったばかりですよ。お互いの事をあまり知りません。
ロ11:私は構いません。
チ9:でも、私は構います。ちょっと困りますよ。とりあえず、授業はすぐ始まります。教室に入りましょう。
チ(先生)10:はい、皆さん。こんにちは。席を与えるのを始まります。窓から始まります。まず、Aさん。次、Bさん。Cさん。チェンさん。(チ:はい。)ローズさん。
ロ12:はい。(座る)はは、隣に座ってのは本当に偶然ですね。でも、よかったね。これから、お世話になります、ダーリン。
チ:はあ…よろしくお願いします…