Difficult English sounds for the Japanese (part 1, ɜː) 日本人にとって難しい英語の音 1

  •  
  • 4069
  • 15
  • 1
  • English 
Jan 16, 2011 20:02 pronunciation
This topic is basically for the Japanese.

As we already know, Japanese speakers cannot distinguish R and L sounds in English. But R and L are only part of the Japanese speaker's problems, unfortunately. In short, English has more vowel and consonant sounds than Japanese does. British English speakers tend to pronounce very strong consonants, which often sounds like non-linguistic noises to Japanese speakers. American English speakers prone to pronounce R as often as possible, which puzzles Japanese-tuned ears.

I will tell about tricky English sounds below. This wouldn't improve your pronunciation itself, but may help you to find where the problem is.


Let's discuss vowels first. There is a huge problem with English sounds which are often represented with katakana ア. In fact, there are five differentsounds in English!

1. The long vowel 'ɜː' appeared in the word fur /fɜː(r)/ ファー requires special training for the Japanese to pronounce. Quite often, katakana sound of アー doesn't function as 'ɜː'. The sound 'ɜː' is quite common in English, and you can find it in many simple words, such as bird /bɜːd/ and church /bɜːd/. However, my バード and チャーチ never worked for native English speakers. Native English speakers do distinguish this long vowel with other vowels.

I found a gentle forward movement of my chin, which I had never done before I came to the UK, help me to produce the ɜː sound. But at the beginning, I suffered from a horrible pain in my jaw joint. So, be careful.


BBCによる発音ガイド ɜː
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/grammar/pron/sounds/vowel_long_5.shtml


[Series]

Difficult English sounds for the Japanese (part 1, ɜː) 日本人にとって難しい英語の音 1
http://lang-8.com/odon/journals/767720/

Difficult English sounds for the Japanese (part 2, ə) 日本人にとって難しい英語の音 2
http://lang-8.com/odon/journals/771492/

Difficult English sounds for the Japanese (part 3, æ, ʌ, ɑː) 日本人にとって難しい英語の音 3
http://lang-8.com/odon/journals/900693/

Difficult English sounds for the Japanese (part 4, oʊ/əʊ vs ɔː) 日本人にとって難しい英語の音 4
http://lang-8.com/odon/journals/902847/
日本人向けの内容です。

みなさんご存知の通り、日本人はRとLの音の区別が出来ません。しかし、あいにく、RとLは日本語話者の抱える問題のほんの一部に過ぎません。つまり、英語は日本語よりも母音や子音の種類が多いのです。イギリス英語話者は非常に強く子音を発音する傾向がありますが、それらの音は日本語話者には非言語的な雑音に感じられることが多いようです。アメリカ英語話者は可能な限りいつでもRを発音しようとするようですが、これも日本人の耳を混乱させます。

以下で、むつかしい音を取り上げてみます。これがあなたの発音を改善することは恐らく無いでしょうが、どこに問題があるのか見つけるのには役立つかも知れません。


まず母音から始めましょう。カタカナの「ア」で表記される音は大問題です。実のところ、英語には5つの「ア」音があるのです。

1. 長母音 ɜː は fur /fɜː(r)/ ファー という単語に出て来ますが、これを日本人が発音するには特別な訓練が必要です。カタカナ式で「アー」と発音しても ɜː 音としては通用しません。ɜː 音は英語にはとても一般的で、 bird /bɜːd/ 、 church /bɜːd/ といった簡単な単語にも出て来ます。しかしながら、カタカナ式の「バード」「チャーチ」は英語話者にはちっとも通じませんでした。英語話者は ɜː 音を他の母音とはっきり区別しているのです。

下顎をほんのちょっと前に押し出す動きが、そんな動きはイギリスに来るまで一回もやったことがありませんでしたが、 ɜː 音の発音に役立つらしい、ということを見つけました。しかし、当初私はこのために顎関節痛に悩まされました。(今は無事です)ご注意を。