Journal
 
 
Photo Album

masu's entry (62)

Post an entry now!
masu

富岡先生、

富岡先生、 さっき見てよかったです。先生はお元気ですか? 一つ聞きたいことがあるんですけど、私はSilkefyretという出版社で、「富士」という小説をデンマーク語に翻訳することになりました。大変ことに、この小説が翻訳されたことは一度もないから、...
  •  
  • 43
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Sep 12, 2019 19:29
masu

海外版権の入江さん

海外版権の入江さん 分かりました。 そうして、Silkefyretからの連絡が英語でよろしいでしょうか。 ヨハンセン・マス
  •  
  • 17
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Sep 9, 2019 19:01
masu

海外版権の入江さん

海外版権の入江さん 大変嬉しく思います。はい、そうしましょう。未だ作品を翻訳する途中ですが、およそ100ページを翻訳し終わりました。 とりあえず、武田花からの承知をいただきました。そして、我が出版社Silkefyretから翻訳権譲渡を申し込みたいと思いますので、...
  •  
  • 12
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Sep 2, 2019 21:58
masu

「富士」の最初の文章をデンマーク語に翻訳した文章を、北欧理事会文学賞の候補の作品を出版したデンマークの出版社に見せた後、彼らは出版するのを賛成しました。

「富士」の最初の文章をデンマーク語に翻訳した文章を、北欧理事会文学賞の候補の作品を出版したデンマークの出版社に見せた後、彼らは出版するのを賛成しました。
  •  
  • 42
  • 5
  • 1
  • Japanese 
Jun 13, 2019 21:30
masu

海外版権の入江さん、

海外版権の入江さん、 ご無沙汰です。お返事が遅くなってすみませんでした。 分かりました。とりあえず、下に乗っている自己紹介を武田花さんに転送をしていただけませんか。 「武田花さんへの自己紹介…」 よろしくお願いします。 ヨハンセン・マス
  •  
  • 32
  • 2
  • 1
  • Japanese 
Jun 11, 2019 01:43
masu

武田花さんへの自己紹介

武田花さんへの自己紹介 初めまして、デンマークのヨハンセン・マスと申します。今武田花さんに自己紹介をお書きします理由は、お父さんの「富士」の翻訳の許可を頂くためです。 まず、オーフス大学で修士として比較文学の勉強をしております。三年前に大学でマイナーとして日本学の勉...
  •  
  • 68
  • 2
  • 2
  • Japanese 
May 8, 2019 22:48
masu

武田泰淳の「富士」の著作権について

武田泰淳の「富士」の著作権について こんにちは、中公文庫のライツ管理部 デンマークの株式会社Silkefyretのヨハンセン・マスでございます。 去年、中公文庫が武田泰淳の「富士」をご再出版なされたでしょうか。すこぶる興味深い傑作だと思いいたしますので、デンマ...
  •  
  • 43
  • 2
  • 1
  • Japanese 
May 1, 2019 21:03
masu

日本の留学について

日本の留学について  こんにちは、今日は日本の留学の振り返りについて発表したいと思います。まず、3月20日に成田空港に着いてから、早稲田大学西早稲田留学生寮にリモシーンバスで行きました。そこに住んでいたのは、大体いい体験でした。ところが、およそ留学生しかいなかったので...
  •  
  • 94
  • 1
  • 2
  • Japanese 
Aug 20, 2018 20:32
masu

1950〜1980年代の映画

1950〜1980年代の映画  授業での見た映画を通して発見した発展のつながりについての随筆だ。まず、「七人の侍」(1954)で黒澤明は、食料不足時代の侍と条件を現実的に描写しようとした。言ってみれば、自然主義的に映画のキャラクターの弱点と美点が含まれている性格を描い...
  •  
  • 76
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jul 20, 2018 08:31
masu

まず、授業の前に「派」の漢字を勉強したけど、授業での学んだ使い方が知らなかったので、とても勉強になった。

 まず、授業の前に「派」の漢字を勉強したけど、授業での学んだ使い方が知らなかったので、とても勉強になった。私は、自分の母語で「〜派」をよく使っている派なので、流れるように自分の個人的な日本語の話し方の道に一歩踏み出したのを感じた。  日本語には、様々な異性愛規範的な言い回...
  •  
  • 96
  • 0
  • 5
  • Japanese 
Jul 19, 2018 11:19
masu

「死に至る病」と接続詞の練習

「死に至る病」と接続詞の練習  一体、人間とは何かという質問をいえば、セーレン・キルケゴーというデンマークの哲学者は、「死に至る病」と言う論文にそれを答えてみようとした。人間とは、二項の対立を統合するものだ。ということは、精神と物質とか、魂と体、永遠と期限などの対立を...
  •  
  • 110
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Jul 14, 2018 10:07
masu

空手を実践しよう!

空手を実践しよう!  7月3日空手の先生に、日本の非常に古い武道、いわゆる空手を教えていただきました。空手の中には、いろいろな流派があり、船越義珍先生が発展した「松涛館」という流派のやり方を勉強しました。いわゆる「松涛館」は150年前に発展されたということを暗記してく...
  •  
  • 77
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Jul 13, 2018 08:42
masu

小太りじいさんの要約

小太りじいさんの要約  ある日、こぶが気にしないじいさんは、森で伐採した時、雨が降ってきたから、木の下に雨やどりして眠った。深夜になって、音楽が聞こえるじいさんは目覚めて、音を追って様々な鬼を見た。思わず踊り始めたじいさんは鬼と踊った。一番鶏が鳴いた時、今夜もこいよと...
  •  
  • 53
  • 1
  • 2
  • Japanese 
Jul 11, 2018 17:06
masu

接続詞の勉強

接続詞の勉強 論理とか、言葉遣いなどをチェクしていただけませんか。  デンマークでは、移民が犯す事件が増えているということがよく報道されている。ただ、男女別に見ると、移民家族に女性が丹念に学校に通わせるが、家族にとって学校に通わなくてもいい男性は退屈になるせいで...
  •  
  • 74
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Jul 5, 2018 11:43
masu

白煙の花柄 

白煙の花柄   美術館の外で丸い鋼の彫刻の前に止まった鱒二は、彫刻に貫通している大きな穴を覗き込みながら、この話を始めた。  美術館の内で思わず女の人を追い始めてしまったことに気が付いた。 あるいは、誰が誰を追い掛けたのか、分からなかった。  とにかく、...
  •  
  • 94
  • 2
  • 1
  • Japanese 
Jul 4, 2018 17:56
masu

応援団

応援団  6月26早稲田での日応援団のサークルに応援の歴史とかやり方などを教えたり、素晴らしい応援団を見せたりしていただきました。  一見したところで難しそうだったが、自分で歌いつつ、腕を何回も上げたり下げたりしているのは、非常に体に辛かったです。今まで、もう一...
  •  
  • 52
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Jul 2, 2018 10:23
masu

白煙の花柄

白煙の花柄  美術館で思わずに女の人を追い始めてしまったことに気が付いた。  あるいは、誰が誰を追い掛けるのか、分からなかった。  とにかく、歩調をゆるめようとしたが、まだ女はいた 。絵をずっと吟味しようとしたが、まだ女はいた。あらゆる絵の情報を全部読んでみた...
  •  
  • 79
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Jun 24, 2018 23:40
masu

花さかじじい 

花さかじじい   この昔話は、非常に興味深い教訓がある。「人の真似をしてはいけません」というのは、各人は、他人の裕福を考えず、それぞれ自分の運を作らなければならないということだ。  しかし、 お祖父さんの小説的な機能を考えてみれば、彼らは互いの反対、寡欲と強欲とか、...
  •  
  • 105
  • 3
  • 2
  • Japanese 
Jun 20, 2018 18:17
masu

佐々木マキについて 

佐々木マキについて   「アンリとアンヌのバラード」という漫画は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンが書いた「マッチ売りの少女」という童話をもとにした。簡単にまとめれば、貧しい女の子はクリスマスに街でマッチを売って見たあげく、一本として売られなかった。酷寒を対処するた...
  •  
  • 69
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Jun 16, 2018 13:25
masu

白煙の女

白煙の女  博物館でフランスの印象派が描いた絵を閲覧しに歩き回りながら、思わずに女の人を追い初めてしまったことに気が付いた。あるいは、誰が誰を追い掛けるのか、まぎれもないではなかった。  ともかく、歩調を遅くしようとしたが、まだ女はいたのを感じた。気が散ったせい...
  •  
  • 74
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Jun 11, 2018 12:55