英語のスペリング

  •  
  • 595
  • 10
  • 4
  • Japanese 
Apr 8, 2013 03:13
英語のスペリングは昔の発音を現します。例えば、「knife」(ナイフ)の言葉には「k」は昔に発音しました。現代はもう発音しませんが、スペリングには「k」はまだ残っています。さらに、「i」と「e」は昔に「イ」と「エ」のように言いました。それで、「knife」の元の発音は「クニーフェ」のようでした。この原則はほとんどの単語に当てはまれます。結果は、英語は変わったスペリングがありますね。残念なことはたくさん英語を話す人は英語の歴史を分からなくて、この事実を知っていません。そういう人に、なぜ「knife」は「k」があると聞いたら、「あるから」と単に答えます。

英語を勉強する人はどう思いますか?スペリングと発音の相関は難しいですか?どうでもいいことですか?ご意見ください。^^