詩歌是學習外語的好方法嗎?

  •  
  • 253
  • 7
  • 2
  • Traditional Chinese 
Apr 11, 2018 20:34
詩歌是學習外語的好方法嗎?
我不認為有一個簡單的答案,就像生活中的所有深層次的問題。
***
《網絡民主》:關於數字自由的一些想法。

需要多少層加密才能保持與真相的隔絕?
政府知道你的一舉一動所有的電話和按鍵都被記錄下來,有人能做什麼?
老大哥在看,只有在限制內才存在自由。
公民-農奴必須按照霸主法令行事。

因為那些在上面想要完全控制,很少有人看到或聽到沒有預先打包,預編程和預售的東西。

格斯: 我不同意這首詩: 語氣太暗了。
比爾:那麼你是一個完美的公民!理想的公民應該相信他們是自由的,即使有證據顯示相反。
格斯: 我不認為我是「理想」。我只是不相信政府這麼全能。
摘要:關於政府監視、數位隱私和後民主的簡短咆哮。
關鍵詞: 偽民主、自由在約束、數位隱私、反詩歌
詩は、外国語を学ぶよい方法であるか。
人生におけるすべての深い質問のように、一つの、単純な答えがないと思います。
***
サイバー民主主義:デジタルの自由についての考え。
真実からあなたを保護するために、
暗号化のいくつのレイヤーが必要であるか?
政府は、あなたがしているすべての動きを知っている。
すべての電話とキーストロークは記録される、
誰かが何をすることができるか?
ビッグブラザーはうべて見ており、
自由は制約内にのみ存在します。
市民農奴は、君主令として行う必要があります。
制御のための上の渇望のそれら以来、
普通の人々見またはすでにあらかじめパッケージされていなかった聞きがあり、
あらかじめプログラムされて、あらかじめ売られる。
ガス:私はこの詩に同意できません:トーンはあまりに暗いです。
ビル:そうすれば、あなたは完全な市民です!
理想的な市民は、逆に証拠がある場合でも、彼らは自由であると信じています。
ガス:私は『理想的である』と感じない。私は政府がそんなに全能であると全く信じない。

概要: 政府の監視、デジタルプライバシー、およびポスト民主主義についてのわめき。
キーワード:擬似民主主義、制約内の自由、デジタルプライバシー、反詩