《生態信條》:一份環保生活請願書

  •  
  • 148
  • 5
  • 2
  • Traditional Chinese 
Jan 18, 2019 19:45 環境詩歌、生態詩歌、綠色詩歌
這個星球庇護著許多居民,
而不僅僅是人類。

海洋是生活的寶庫,
既不是垃圾場,也不是廁所。

我們的森林是寶貴的生態系統,
而不是造紙工廠。

空氣是能量的來源,
不是煙囪隨意放屁的地方。

我們只是借用了這個星球的資源,
卻什麼也沒有。

記住這一點,
我們不應該輕易走路嗎?
**
安德列:你相信某種生態信條嗎?

Soo:當然,但沒有行動,信仰就毫無價值。
因此,一個更好的問題是“你練習什麼樣的生態信念?”

朱爾斯:(有諷刺的痕跡)答案是什麼?

Soo:很多半心半意的措施。

我嘗試節約電和水,避免吃肉,但仍然喜歡冰淇淋和外國旅行和高科技玩具。
總之,我充滿了矛盾。

安德列:(歎息)這一切都歸結為欲望。 
除非我們學會如何緩和我們的欲望,生活得更簡單,否則痛苦將在許多方面顯現。

摘要:關於生態管理和環境污染的想法。

關鍵字:環境詩歌、生態詩歌、綠色詩歌、生態管理
Eco-creed: An appeal for eco-friendly living.

In standard English:

This planet shelters many inhabitants,
not merely human beings.

The oceans are living repositories,
not garbage dumps or latrines.

Our forests are precious ecosystems,
not paper-producing factories.

The air is a source of energy,
not a place for smokestacks to fart as they please.

In mutant Anglish:

Lissen -
Des here planet shelters meny inebriants
nut murely hyman boengs

De oceans are reposatories ov lafe
nut garbuge dumps ar latrunes

Uur forusts arr precoous eco-sestems
nut paper-predating fucktaries

De eir es fell of vibrince
nut a place for smykustacks
ta bilch os dey dam please

We unly burrow the rusources areund us
end ure port ov a Great Ricycling.

Ramembaring thes -
shiuldn't wi wulk mare lightle?
**
Andrei: Do you believe in some sort of eco-creed?

Soo: Of course, but belief is worthless without action.
So a better question would be, 'What sort of ecological beliefs do you actually practice?'

Jules: (with a trace of sarcasm) And the answer is?

Soo: Lots of half-hearted measures.
I try to conserve electricity and water and avoid meat, but still like ice cream and foreign travel and high-tech toys.
In short, I'm full of contradictions.

Andrei: (sighing) It all comes down to desire: until we learn how to moderate our desires and live more simply, suffering will manifest in many ways.
**
Summary: A mutant pictorial poem about eco-values and a conversation about earnest jest.
Keyword: environmental poetry, eco-poetry, green poetry, eco-stewardship


『エコ信条』:一つの環境に優しい生活への訴願

この惑星が庇護しなければならない住民は、人間だけではない

海は生命の宝庫、ゴミ捨て場でもトイレでもない。

森は重要な生態系であり、紙の生産工場ではない。

空気はエネルギーの源煙突が傍若無人にガスをたれ流す為のものではない。

我われはこの惑星の資源の所有者ではない、一時的に借りているだけだ。

これを覚えて、我々はより軽く歩くべきではありませんか?
**
アンドレイ:何とかのエコ信条を信じていますか?

ソー:もちろんが、信念は行動なしで価値がありません。
より良い質問は、「あなたが実際にどのような生態学的信念を実践しているか」ということでしょう。

ジュール:(皮肉の跡で) 答えは?

ソー:中途半端な対策がたくさんあります。

私は電気と水を節約し、肉を避けようとしますが、アイスクリームや外国旅行やハイテク玩具が好きです。

要するに、私は矛盾だらけです。

アンドレイ:(ため息) それはすべての欲望に降りてくる。
私たちはどのように我々の欲望を緩和し、より簡単に生きる方法を学ぶまで、苦しみは多くの方法でマニフェストされます。
**
概要:生態管理と環境汚染についての考え。

キーワード:環境詩、エコ詩、緑の詩、エコ・スチュワードシップ