《未來的風景?》:關於生態災難的幾點思考

  •  
  • 90
  • 1
  • 4
  • Traditional Chinese 
Mar 14, 2019 08:31 生態災難
當我們的天空變成黃色琥珀色,
水井乾涸時,我們會怎麼做?

當我們的河流變得無法飲用,
田野開始死亡時,我們會怎麼做?

當許多人缺少食物,
而只有少數公司控制所有用品時,我們會怎麼做?

那時我們會毀滅自己嗎?

在時間的海灘上,
我們的存在會不會僅僅是一條細線?

卡拉:(咳嗽)這首詩太憂鬱了!

雅惠:(微微點頭)同意了。

大多數人只關注短期利潤,而忽略了長期後果。

這是人類常見的認知偏見。

卡洛斯:(聳聳肩,然後喝了一杯酒)
許多可能的未來都存在。
這首詩只描繪了其中的一首。

裡德:記住「文明」只是一種暫時的現象是很好的。

地球會比我們的任何一個延續得更長吧。
***
副標題:對學業成功的態度

副標題:關於資訊消費與不確定性的思考
FUTURE LANDSCAPES? Some Thoughts about Ecological Catastrophes

What will we do when our skies turn yellow-amber and wells run dry?
What will we do when our rivers become undrinkable and fields begin to die?
What will we do when many mouths lack food and just a few corporations control all supplies?
At that point will we destroy ourselves and upon the sands of time, will our existence seem like a thin, obscure line?
Carla: (coughing) This poem is too depressing!
Yahui: (nodding slightly) Agreed.
Most people focus on short-term profits, forgetting about long-term consequences.
This is a common human cognitive bias.
Carlos: (shrugging his shoulders, then sipping a glass of wine)
Many possible futures exist.
This poem portrays merely one of them.
Reed: It's good to remember that "civilization" is but a temporary phenomenon.
The Earth will be around much longer than any of us.
***
Sub-title: attitudes for academic success
Sub-title: Some thoughts about information consumption and uncertainty


『将来の風景?』 生態学的大災害についての考え

私たちの空が黄色くこはくになって、
井戸が干上がるとき、
私たちは、どうすればいいのだろう?

私たちの川の水が飲めなくなって、
田畑が壊疽を生じるとき、
私たちは、どうすればいいのだろう?

多くの人が生活のための職を求める一方、一握りの企業が
ほとんどのものをコントロールしてしまうとき、
私たちは、どうすればいいのだろう?

その変化について熟考する頃には、
私たちはこの世に存在するのだろうか?

カルラ:(咳)この詩は憂鬱すぎます

ヤーフイ: (少しうなずいて) 確かそうですね。
ほとんどの人々は短期的な利益に焦点を当て、長期的な結果を忘れている。
これは一般的な人間の認知バイアスです。

カルロス:(肩をすくめ、そして一杯のワインを飲みながら)
多くの可能な先物があります。
この詩は、そのうちの一つだけを描写している。

リード:「文明」は一時的な現象にすぎないことを覚えておくのは良いことです。
地球は我々のどれよりもずっと長く続くだろう。
***
副題:学術的成功のための態度
副題:情報消費と不確実性についての考え