《後腳本》:關於生長和衰變週期的一些思考

  •  
  • 164
  • 1
  • 4
  • Traditional Chinese 
Oct 17, 2018 18:57 超個人藝術、詩歌作為門戶、無所畏懼的生活
不要害怕:在很短的時間內,所有的話都變成塵土。
然而,當我們心中有詩歌時,輕輕呼吸,注意到直覺的出現。
詩歌是不同現實的門戶。
讓許多聲音通過你和某種方式產生共鳴,
不要忘記你的葬禮有多近,
微笑,大笑,唱歌!

傑克:開花的想法是多年生的。

胡安妮塔:是的,這是對生活的一個很好的比喻:無休止的增長和衰退週期。

摘要: 這是一個詩人的形象和一些衰落的文學作品,也是一首關於常年開花和腐爛的詩。
關鍵詞:超個人藝術、詩歌作為門戶、無所畏懼的生活、輕生活
POST SCRIPT: Some thoughts about cycles of growth and decay.

Fear not: words will turn to dust in the shortest time.

Yet while poetry is within us breath gently and notice intuitions coming to mind.

Poems are portals to different realities.

Let many voices resonate through you and somehow,
without forgetting how close your funeral is,
smile, laugh, and sing!

Jack: The idea of flowering is perennial.

Juanita: It's a good metaphor for life: endless cycles of growth and decay.

SUMMARY: This is image of a poet and some fading literary works and also a poem about perennial flowering and decay.
KEYWORDS: transpersonal art, poems as portals, fearless living, living lightly


『言葉の宝庫』: 成長と崩壊のサイクルについての考え。

恐れないで、
言葉はほんのわずかな間に、
塵と化すでしょう。

でも、詩と共にあれば、
ゆっくり呼吸を整えることで、
私たちの心に直感が湧いてくる。

詩は新しい現実への入り口です。
あらゆる声が、私たちの心に鳴り響く。

ともかく、人生は短いことを忘れずに、微笑み、笑い、そして歌おう!

ジャック:開花の考えは多年生です。
ワニータ: 成長と腐敗の無限のサイクルは、生命ののよい隠喩でしょう。

概要: これは詩人のイメージであり、退屈な文学作品でもあり、多年にわたる開花と腐敗に関する詩です。
要約: 生き生きした詩、入口としての詩、恐れのない生活、トランスパーソナルの芸術