正如米切爾和裡德・沃爾什(2002年)所暗示的那樣,娃娃可以被視為人類學的文物。

  •  
  • 74
  • 1
  • 3
  • Traditional Chinese 
Mar 11, 2019 13:05 清塚悟、人類學的文物
正如米切爾和裡德・沃爾什(2002年)所暗示的那樣,娃娃可以被視為人類學的文物。
這張最近從東京一家商店櫥窗裡拍攝的圖片描繪了日本流行的「國際化」的觀點。
這張圖片傳達了一種神話,塑造了許多日本人認為外國「他人」以及本土「自我」的方式。
***
副標題: 關於生命週期的一些思考

副標題:關於超越精神混亂的想法

副標題:一些對金融瘋狂的看法。

副標題:記住綠色的輝煌。

副標題:一首關於一些隱喻性的貨幣描述方式的詩、對話和形象。

關鍵字: 貨幣隱喻、財政熱帶、貨幣狂熱、金錢精神病、金錢狂

***

清塚悟(SEITSUKA Satoru)的雕塑「風的森林」展現了力量與美麗,成熟與青春的完美平衡。
As Mitchell and Reid-Walsh (2002) suggest, dolls can be viewed as anthropological artifacts.
This recent image from a Tokyo shop window portrays one prevalent view of "internationalization" in Japan.
The myths this image espouses subtly shape how many Japanese perceive foreign "others" as well as native "selves."

***
Sub-title: Some thoughts about life cycles
Sub-title: Some thoughts about transcending mental clutter
Sub-title: Some thoughts about monetary insanity.
Sub-title: Remembering the splendor of green.
SUMMARY: A poem, conversation and image about some metaphorical ways of describing money.
KEYWORDS: monetary metaphors, fiscal tropes, monetary mania, pecuniary psychosis, money madness
***
SEITSUKA Satoru's sculpture "Kaze no Mori" exhibits a perfect balance of strength and beauty, in addition to maturity and youth.


ミッチェルとリード・ウォルシュ (2002年) が示唆するように、人形は人類学的な人工物として見ることができます。
この東京店の窓からのこのイメージは、日本の「国際化」の1つの一般的な見解を描写します。
このイメージは、ネイティブの「自己」と同様に外国人「他者」をどのように多くの日本人が知覚しているかを微妙に形づくる

***

副題:ライフサイクルについての考え

副題:精神的な混乱を超越することについての考え

副題:金融の狂気についてのいくつかの考え。

副題:緑色の素晴らしさを思い出してください。

要約:お金を記述するの比喩についての詩と会話とイメージ。


キーワード:貨幣の隠喩、財政比喩、貨幣のマニア、金銭精神病、お金狂気
***
清塚悟の彫刻「風の森」は、強さと美しさ、成熟と若さの完璧なバランスを示しています。