《當我夢想托斯卡納》

  •  
  • 172
  • 2
  • 4
  • Traditional Chinese 
Jun 13, 2019 06:48 托斯卡纳、自我形象、分叉的現實
在幻想中,
我是一個充滿活力和活力的有魅力的人。

在我虛構的世界裡,
我非常好奇,非常直觀,而且總是充滿自信。

而我的生活是一個陽光燦爛的旅程。

實際上,
我是一個古老的憔悴禿鷲。

厭倦了我的渴望的空虛。

我的整個存在似乎是墳墓的前奏。

但是,
我正在學習不要認真對待自己
而忽略這只猴子的思想。

至少在平靜的那一刻,
観察意識是多麼脆弱是很有趣的。

怎麼奇怪的是要文明向外,但95%的黑猩猩。

摘要:幾個對比現實和外觀的圖像。

關鍵詞:自我形象、有意識的貼面、猴子的心、分叉的現實

我期待著本週一柬埔寨駐日本大使UNG Rathana的訪問。
Title: When I dream of Tuscany

In fantasy, I’m a charming man with elan and vigor.
In the world of make-believe, I am immensely inquisitive,
uncannily intuitive, and always confident.

In my imagination at least, I relish exploring new fields,
and my existence is a sunny sojourn.

In reality, I’m a haggard old buzzard.
Often tired and bored by the hollowness of my fantasies.

My entire existence seems like a prelude to the grave:
an exercise in futility and cyclic stupidity.

However, I’m learning not to take myself too seriously,
and ignore the wanderings of this monkey mind.

In calm moments at least,
it is comic to realize fallible consciousness is.

How strange it is to be civilized outwardly,
yet 95% chimpanzee.


Summary: Some contrasting images about reality and appearance.
Keywords: self-image, the veneer of awareness, monkey-mind, bifurcated realities
**
I am looking forward to the visit of H.E. UNG Rachana, the Cambodian ambassador to Japan, this Monday.

『トスカーナを夢見るとき』

ファンタジーでは、
私は活気と活力に満ちた魅力的な男です。

私の架空の世界では、私は非常に興味深く、
信じられないほど直感的で常に自信を持っています。

少なくとも私の想像力の中では、
私は新しい分野を模索するのが大好きで、
人生は、日当たりの良い旅です。

現実には、
私は空想の空虚によってしばしば疲れいるの
灰色ハゲワシです。

私のすべての存在は、
墓への前奏曲のように思える。

一つの無益の周期的な愚かさ練習だ。

しかし、
私は自分自身を真剣に考えないように学んでいます。
そして、この猿の心のさまよいを無視しています。

少なくとも落ち着いてる瞬間には、
認識がどれほどもろいを観察するのは面白いです。

少なくとも外側では、「文明化された」ように
95%チンパンジーにいるのは、不思議です。

概要: 現実と外観に関するいくつかの対照的なイメージ。

キーワード:自己イメージ、意識のベニヤ、猿の心、二股の現実

今週の月曜日、在日本カンボジア大使のウング・ラチャナ閣下の訪問を楽しみにしております。