《東京灣1972年》:一個反烏托邦的沿海景觀

  •  
  • 83
  • 1
  • 4
  • Traditional Chinese 
Apr 13, 2019 21:50 東京灣、水污染、日本風景草圖
上圖:
微弱的霧氣和天空困了污染的雲。

下圖:
充滿垃圾的海水。

在我的右邊:
具有幾何形狀的混凝土破碎機和松木排。

在左:
司機們一邊抽烟,
一邊用發動機唱著汽油經。

在這個地方,
漁場已經成為大型廁所和集裝箱倉庫,
為飢餓的工廠提供食物,
Hope(tm)從腹股溝直接出現。

注意:Hope是日本的捲煙品牌。
摘要:對日本一個繁忙的商業海灣1000萬人的環境影響的一些思考。
關鍵字:水污染、日本風景草圖、污染水道、城市污染、生態詩、商業港口
Tokyo Bay 1972: A dystopian coastal landscape
Above: faint wisps of sky with sleepy petrochemical clouds.
Below: mashes of cool salt water peppered with polluted brine.
To my right: concrete breakers and pine rows in geometries of conformity.
To my left: motorists puffing cigarettes as their engines chant petrol sutras.
In this place where fisheries are now mass latrines
and container depots feed hungry factories,
Hope(TM) rises straight from the butt.

NOTE: Hope is a cigarette brand in Japan.
Summary: Some thoughts about the environmental impact of ten million people on a busy commercial bay in Japan.
Keywords: water pollution, Japanese landscape sketches, polluted waterways, urban pollution, eco-poetry, commercial ports

『1972年の東京湾』:ディストピアの海岸景観

見上げると
空にかすかな霧と
眠そうな汚染雲

見下ろすと
ゴミと下水にまみれた
冷たい海水の満ち干

右には
幾何学形のコンクリートと松が
規則正しく列をなす

左には
ドライバーが吹かしたタバコの吸い殻
エンジンがガソリンの念仏を唱える

豊かな漁場であった所は
いつしか
巨大なゴミタメと化し

コンテナ保管庫は
空腹の工場を養し
ホープTMは尻から
まっすぐな煙をあげる。

概要:日本の多忙な商業湾における一千万人の環境影響についての考察
キーワード:水質汚染、日本の景色スケッチは、水路、都市の汚染、エコ詩、商業用のポートを汚染した