《面對公牛》:關於牛意識和市場需求的一些想法

  •  
  • 173
  • 3
  • 4
  • Traditional Chinese 
Nov 3, 2018 19:39 素食主義,動物權利,牛意識,牲畜屠宰
我身上的東西不是人類:
一頭大公牛深藏在我的內心深處。

在我的意識中慢慢徘徊,
尾巴擺動和放牧以溫和的步伐。

這心中的牛一般是和平的,
夢想著偉大的綠色牧場和巨大的牛群。

它根本不關心哲學,
或擔心有一天會成為漢堡肉。

當小牛玩耍時,它會悠閒地咀嚼反芻動物,
公牛有一種寧靜,讓我嫉妒。

唉,現實很少是田園詩般的:

當價格合適時,
這個宏偉的生物將被屠殺,
切碎,冷凍,用玻璃紙包裹,

然後被一些愚蠢的消費者帶走
誰在地想,「今晚我要吃什麼?」

摘要:對家畜意識和畜禽屠宰的幾點思考。

關鍵字:素食主義,動物權利,牛意識,牲畜屠宰
***
在聽了松村雅三的「尺八和琴之詩」(1969)之後,我認識到日本的音樂家沒有必要模仿西方音樂家。
日本已經有豐富的音樂土壤。
Confronting the Bull: Some thoughts about bovine consciousness and market imperatives

Something in me is not human:
a large bull lives deep inside.

Slow it saunters across my awareness,
tail swooshing and grazing with gentle strides.

Generally peaceful, the bull in my brain
dreams of great green pastures and huge cow-harems.

It is not at all concerned with philosophy
or worried that will someday become hamburger meat.

Chewing cud leisurely as calves frolic by,
the bull inside me has a serenity that the human part of me envies.

Alas, reality is seldom idyllic:
when the price is right,
this magnificent creature will be slaughtered,
chopped up, frozen, wrapped in cellophane,
then picked up by some foolish consumer
who is mindlessly wondering,
"What shall I have for dinner tonight?"

SUMMARY: Some thoughts about animal consciousness and the butchery of domestic livestock.

KEYWORDS: vegetarianism, animal rights, cow consciousness, livestock slaughter
***

After hearing MATSUMURA Teizo's "Poem for Shakuhachi and Koto" (1969),
I realized there is no need for Japanese musicians to imitate the West:
the Yamato plains already contains fertile musical soil.

『雄牛との立ち向かい』:牛の意識と市場は買い含みの雑感

私の中で何かが人間ではない:
奥深くに大きな雄牛が住んでいます。

その雄牛は、私の意識を渡ってのんびり散歩し、
尾を酔いどれ、ゆっくりした歩みで放牧います。

一般的には平和な、この心の中の雄牛は、
偉大な緑の牧草地や巨大な牛のハーレムの夢を見る。

その雄牛は、哲学にまったく考えていないし、
また、いつかはハンバーガーの肉になります心配していない。

食い戻しを咀嚼しながら、そして子牛の遊びを見て
私の人間の部分がこの雄牛をうらやましく思う。

悲しいかな、現実はめったに牧歌的ではない。
価格が正しい時、
この壮大な生き物は虐殺され、
細かく刻んだ、凍結され、セロハンに包まれ、
その後、
「今夜の夕食は何にしましょうか。」
を考えているの消費者によって 
拾い上げた。


要約:家畜意識と家畜の屠殺についての考え。

キーワード:菜食主義、動物の権利、牛の意識、家畜の屠殺、ベジタリアニズム、
***

松村禎三の「尺八と琴の詩」(1969)を聞いた後、日本のミュージシャンが西洋を模倣する必要がないことを認識しました。
大和平原には既に豊富な音楽的な土壌があります。