佐藤健二 (SATOU Kenji)2018年畫布「共存」將人們的注意力集中在被丟棄的垃圾如何最終進入珊瑚礁上。

  •  
  • 184
  • 1
  • 6
  • Traditional Chinese 
Jan 10, 2019 08:16 佐藤健二 「共生」
佐藤健二 (SATOU Kenji)2018年畫布「共存」將人們的注意力集中在被丟棄的垃圾如何最終進入珊瑚礁上。
隨著人口的攀升, 我們不能再讓我們的海洋成為廉價的傾倒場。
**
《偽自由》:關於後民主的反思。

弗裡達:(在人行道上吐痰) 在一個擁有數十億人口的世界裡期望獲得巨大的自由難道不天真嗎?

寧:(假裝沒注意到)嗯,有人真的能回答這個問題嗎?

弗裡達:(無視寧)自由是海市蜃樓。在某種程度上,我們都是奴隸。
**
如果我再堅持下去,懲罰只會新增。

每個人都有一個中斷點。
是的,我支持這個系統!
是的,自由真好!

Kenji SATOU's 2018 canvas "Kyousei" [Coexistence] puts a spotlight on how discarded trash often ends up in coral reefs. As the human population climbs, we can no longer allow our oceans to become cheap dumping grounds.
**
Pseudo-freedom: Reflections on Post-Democracy.
Frida: (spitting on the sidewalk) Isn't naive to expect significant freedom in a world with so many billions of people?
Ning: (pretending not to notice) Well, can anyone really answer that question?
Frida: (ignoring Ning) Freedom is a mirage; in some way or other we are all slaves.
**
If I persist further, punishments merely increase.
All people have their breaking points
and yes, I support the system!
Yes, it's wonderful to be free!

佐藤健二さんの2018年のキャンバス「共生」は、廃棄されたゴミがサンゴ礁に集まることにスポットライトを当てています。
人口が上昇するにつれて、我々はもはや私たちの海が安価な投棄場になることを許しません。
**
『偽りの自由』:ポスト・デモクラシーについての反省。
フリーダ:(歩道に唾を吐く)何十億もの人々がいる世界で大きな自由を期待するのははありませんか?
寧:(気づかないふりをする)まあ、誰でも本当にその質問に答えることができますか?
フリーダ:(寧を無視して)自由は奇跡です。 どういうわけか私たちは皆奴隷です。
**
さらに挑戦することに固執するならば罰と呼ばれるものは増えつづける。
全ての人には見えない限界があると、
勿論「私は現在の政権を指示します!」
自由であることはとても素晴らしいから!