男人的秘密(第二部分)

  •  
  • 349
  • 1
  • 2
  • Traditional Chinese 
Nov 22, 2017 20:05
沒有一個共同的敵人或敵手、許多男人似乎不能有深厚的友誼:
他們需要一個共同的對手來克服孤立。
有時「打架」本身就是他們「說話」的方式。
然而、最深的戰鬥不涉及物理武器:
終極戰役是關於身份和忠誠。
大多數男人至少在最好的時刻、設法暫停過去的調理
然後他們成為紀律和專注的船隻的能力。

這是他們最好的時刻。
在他們最糟糕的時刻、它們是非常原始的動物。

欣賞簡單樸素的空虛喜悅的女人是罕見的。
很少有男能一次聊十幾個不同的話題、還能保持專注。
***
我剛剛讀完Cal Newport的《如何成為一名全A學生》(2006年)。
它強調成功學生在學校「贏」的戰略。
這是推薦給那些覺得自己的學業成績應該更高的學生。
Secrets of Men (Part 2)

Without a common enemy or rival, many men seem incapable of deep camaraderie:
they need a mutual adversary to overcome isolation
and at times "fighting" itself is their way of "talking".
The deepest fights, however, don't involve physical weapons:
the ultimate battles are about identity and allegiance.

Most men, in their best moments at least, manage to suspend past conditioning
and become vessels capable of empathy, discipline, and focus.
This is when they're at their best.
At their worst, they are indeed primitive brutes.

Rare is the woman who appreciates the joy of simple, austere emptiness
in which absolutely nothing needs to be said, done, or considered.
Rare is the man who can chat about a dozen different topics at once and still maintain focus.

***
I just finished reading Cal Newport's "How to be a straight A student" (2006).
It highlights some strategies many successful students use to "win" at the game of grading,
and I recommend this for students who feel their academic performance could be higher.

男性の秘密 (パート2)

共通の敵やライバルがなければ、多くの男性は深い友情を育めないようである。
彼らは孤立を克服するために、互いに敵対心を必要とする。
そして時には、日常の話し方が戦いそのものとなっている。
しかし、心の奥底の戦いは物理的な武器を伴わない。

究極の戦いとなるのは、互いのアイデンティティーと忠誠についてです。
ほとんどの男性は、絶頂期には少なくとも過去の状態にこだわることをやめ、
そして人に共感し、心身を鍛え物事に集中することができる器となる。
これは彼らが最高潮の時のことである。最悪の時は、彼らは本当に原始的な動物です。

稀なのは、簡素である喜びに感謝する女性で、たいていは、完璧とも言える姿の中に、激しい空虚さに溢れている。
稀なのは、1ダースものことなった話題で人と会話を楽しみ、そして尚、自身の言わんとすることを見失わない男性である。
***
キャル・ニューポートの『オールAな学生になる方法』(2006年)をちょうど読み終えました。
それは、成功した学生が学校で「勝つ」ために使用する戦略を強調しています。
学業成績がより高くなるべきと感じている学生にはこれをお勧めします。