《另一場可愛的戰爭》:一些關於軍事化的諷刺話

  •  
  • 144
  • 3
  • 3
  • Traditional Chinese 
Oct 11, 2018 22:14 戰爭、刺話
經濟有點慢?
人口太高?
國內批評越來越多?
政治團結失控?

不要擔心:
政治家們從很久以前就知道
內部問題的最佳解決方案是外部替罪羊。

找到一個你可以入侵的國家,
同時提到愛國主義和舉行遊行。

有了正確的操控和足夠的假情報,
大多數人會為戰爭垂涎三尺。

創造任何看似合乎情理的藉口;
任何藉口都會這樣做:
如果消費者價格上漲,
原因似乎無關緊要。

沒有什麼能像一場精彩的戰爭團結一個國家,
讓人們覺得生命值得為之而死。

Another lovely war: A satire about militarization

Economy a bit slow?
Population too high?
Domestic criticisms mounting?
Political unity out of stride?

Don't worry –
Politicians have known
since ages old
the best solution
to internal problems
are external scapegoats.

Find some country to invade
while mentioning patriotism
& holding parades.

With proper manipulation
& enough disinformation
the majority
can be geared for war.

Invent a plausible context;
any excuse will do:
reasons won't matter if
consumer prices hit the roof.

There's nothing like a wonderful war
to unite a country
& make people feel
life's worth dying for.


『素敵な戦争』:軍事化に関するの風刺

経済はちょっと減速気味?
人口爆発への恐れ?
高まる国内批判?
混迷する世界の政情?
心配ご無用!
古来より政治家は知っている

内政問題に最も有効な手立ては、
外部にスケープゴートを作ること。

侵略のための国を探し
愛国心を口にしだした時は、開始の合図
巧みな操作と、意図的な偽情報によって
国民は戦争へと引き込まれていく
もっともらしい文脈をつくりあげれば
言い訳なんて、どうでも良い
いったん消費者物価が上がり、
景気がよくなれば、理由なんてどうでもいい。

国を団結させ、
人々に国のために死ぬ価値があると思わせれば
戦争ほど素晴らしいものはない。