今天,我第一次聽到了舒尔文·舒爾霍夫(Erwin Schulhoff)的《鋼琴與小管弦樂隊協奏曲》(1923年)。

  •  
  • 83
  • 3
  • 5
  • Traditional Chinese 
Jun 21, 2019 06:29
今天,我第一次聽到了舒尔文·舒爾霍夫(Erwin Schulhoff)的《鋼琴與小管弦樂隊協奏曲》(1923年)。
這是一個令人愉快的愚蠢創作,片段暗示拉威爾,巴托克和斯克里亞賓。
***

只有愛才能以積極的管道改變事情,所以我們必須學會愛我們的怪物。

標題:愛的提案

副標題:慶祝意想不到的事情

摘要:關於現實和意識的俏皮對話。

關鍵字:無意識體驗、現實、大腦功能、功能失調的對話。

***

威爾:現實有很多層面。
那些聲稱只有一個外部客觀現實的人被欺騙了。
納迪亞:也許如此,那些聲稱存在無限主觀現實的人也可能被欺騙。
I heard Erwin Schulhoff's "Concerto for Piano and Small Orchestra" (1923) for first time today.
It's an enjoyable, daft creation with fragments suggesting Ravel, Bartok, and Scriabin.
***
We must learn to love our monsters because only love has the potential to transform in positive ways.
Title: A LOVE PROPOSAL
Sub-title: celebrating the unexpected
Summary: a playful conversation about reality and consciousness.
Keywords: noetic experiences, reality, brain functions, dysfunctional conversations.
***
Will: Reality has many levels.
Those claiming there is only one external objective reality are deluded.

Nadia: Perhaps so, but it seems those who claiming there are an infinite number of subjective realities might also be deluded as well.


今日は、エルヴィン・シュルホフの「ピアノと小管弦楽のための協奏曲」(1923年)を初めて聞きました。
それは、ラヴェルやバルトークやスクリャービンを示唆する断片を持つ楽しい、巧妙な創作です。
***
愛だけがポジティブな方法で変容する可能性を持っているので、私たちは私たちのモンスターを愛することを学ばなければなりません。

タイトル:愛の提案

副標題:予想外のことを祝う

要約:現実と意識についての遊び心のある会話。

キーワード:ヌーティック体験、現実、脳機能、機能不全会話
***

ウィル:現実には多くのレベルがあります。

ただ一つの外部の客観的な現実があると主張する人々は、妄想されます。

ナディア:たぶんそうかもしれませんが、無限の主観的な現実があると主張する人たちも同様に欺かれるかもしれません。