《數字集成》:對超人類存在的一些思考

  •  
  • 176
  • 2
  • 4
  • Traditional Chinese 
Nov 24, 2018 14:33 人類進化、潛在的未來、奇點、
奇點指向一個奇怪的悖論。
為了在這麼小的星球上維持如此多的人類
我們可能需要一個不是人類的東西。

我們是為叢林而設計的,適應了沙漠平原。

在龐大的跨國集團中有效運作,
對於微小的人腦來說,需要太多的資料處理。

我們會創造合成神並成為容易回收的奴隸嗎?

或者,我們會承認一些更高的力量已經在起作用了?

納迪婭:數字整合,這不是暴政的終極形式嗎?

遼:(歎息) 你用單詞卻不明白它們的意思。在這種情況下,怎麼會有有意義的答覆呢?

納迪達:(一邊笑一邊撓頭)哎呀,你知道如何縮短談話…

摘要:關於人工智慧、人類認知能力以及可能的未來的一些思考。

關鍵字:人類進化、潛在的未來、奇點、人工智慧、後人類前景
DIGITAL INTEGRATION: Some Thoughts about Trans-Human Existence

Singularity points to a strange paradox:
to sustain so many humans on such a small planet
we might need something that is human-not.

We were engineered for jungles and adapted to desert plains.

Operating effectively in huge, transnational groups
requires too much data processing for tiny human brains.

Will we create synthetic gods and become dispensable, easily recycled slaves?
Or will we acknowledge Some Higher Power is already at play?

Nadya: Digital integration: is that not the ultimate form of tyranny?

Liao: (sighing) You use words without understanding their meaning. In such a case, how can there be any meaningful reply?

Nadya: (scratching her head while laughing) Gee, you certainly know how to cut a conversation short. . .

SUMMARY: Some reflections on artificial intelligence, human cognitive capacity, and possible futures.
KEYWORDS: human evolution, possible futures, singularity, AI, post-human prospects

『デジタルイ・ンテグレーション』:トランス人間の存在に関するの考え

特異性は奇妙なパラドックスを表します。
我々は人間ではない何かを必要とするかもしれない。

我々はジャングルのために設計され、砂漠の平野に適応しました。

巨大で、トランスナショナルなグループで効果的に作動することは、
小さな人間の脳のためにあまりに多くのデータ処理を伴います。

私たちは合成の神々を作成し、リサイクル奴隷になるか。
または、我々はいくつかのより高い力を認めますか?

ナディーダ:デジタルの統合は専制政治の究極の形でありませんか。

遼:(ため息) あなたは、意味を理解せずに言葉を使っています。
このような場合、私はどのように意味のある返事があることができますか?

ナディーダ:(笑う間の頭を掻き) さあ、あなたは確かに短い会話を短くする方法を知っている。 。 。

概約:人工知能、人間の認知能力、および可能な未来性に関するの反省。

キーワード:人間の進化、可能性のある先物、特異点、人工知能、ポストヒューマンの展望