《憐憫那個國家》:Lawrence Ferlinghetti的一首詩 [第一部分]

  •  
  • 223
  • 2
  • 3
  • Traditional Chinese 
Nov 15, 2018 07:45
對公民是羊的國家表示遺憾,
並且誰的牧羊人誤導了他們。

為那個領導撒謊的國家感到難過
對領導人是騙子,智慧人民沉默的國家表示同情,
並且有偏見的狂熱分子填滿了電視廣播。

可憐這個不提高聲音的國家
除非是當讚美征服者或稱讚欺負者為英雄
誰想通過折磨和恐嚇來統治世界。
***
「一個不能聽的人永遠無法學習。
聽聽不只是用你的耳朵,用你的身體,呼吸,和存在。」- 薩古鲁
***
我們繼承了這樣的活力和遠古的輝煌!
摘要:一首關於存在和我們未來可能性的哲學詩
關鍵字:可能的期貨、人類的進化、科學的發現
Pity The Nation - a poem by Lawrence Ferlinghetti [Part 1]

Pity the nation whose people are sheep,
and whose shepherds mislead them.
Pity the nation whose leaders are liars, whose sages are silenced,
and whose bigots haunt the airwaves.
Pity the nation that raises not its voice,
except to praise conquerors and acclaim the bully as hero
and aims to rule the world with force and by torture.
***
“One who cannot listen can never learn.
Listen not just with your ears but with your body, breath, and being.” - Sadhguru Jaggi Vasudeva
***
We are gifted with such vibrancy and heirs to an ancient radiance!
SUMMARY: A philosophical poem about existence and our future possibilities
KEYWORDS: possible futures, human evolution, scientific discoveries

「その国を哀れむ」:ローレンス・フリンゲッテイの詩 [パート1]

人々が羊である国を哀れみ、
そして、その羊飼いは、それらを欺く。

指導者が嘘つきである国家を哀れなさい。
そして、偏見のある凶悪犯が放送波を埋める。

その声を上げない国を哀れみなさい。
征服者を賞賛し、といじいる英雄めを称賛することを除いて
誰が、拷問と威嚇を通じて世界を支配することに努める。
***
「聞くことができない人は、決して学ぶことができません。
耳だけではなく、あなたの体、息、とされて聞く。」 - サドグル・ジャグ・ヴァスデヴァ
***
私たちは、そのような活力と古代の輝きを継承しています!
概要:存在と将来の可能性に関する哲学詩
キーワード: 可能な先物、人間の進化、科学的発見