成為一名教師:關於教學的一些想法(第一部分)

  •  
  • 161
  • 1
  • 3
  • Traditional Chinese 
Oct 4, 2018 21:23
價值時間。

將教學視為發現的過程。

詢問人們他們想學習什麼,並利用他們的興趣。

在教學之前,先發現別人已經知道的事情。

爭取簡單,看看你是否可以把每節課歸結為幾個關鍵點。

不要害怕錯誤,但要花時間反思並從中吸取教訓。

把學習活動看作是可以以許多可能的管道安排的積木。

經常問:“到底在教什麼?” 如果沒有明確的答案,請重新評估。

愚蠢地樂觀地相信你的學生,即使他們不相信自己。

不斷實驗。
***
今天我注意到一個《生態哲學雜誌》在圖書館的非再生紙上印製。
在我們的互聯網時代,任何期刊印在紙上的需求都值得懷疑。
此外,在非再生紙上印有所謂的 "生態雜誌", 似乎顯得格外虛偽。
TO BE A TEACHER: Some Thoughts about Teaching (Part 1)

Value time.
View teaching as a process of discovery.
Ask people what they want to learn and capitalize on their interests.
Discover what others already know before starting to teach.
Work for simplicity and boil down most lessons into a few key points.
Don't be afraid of mistakes, but do take the time to reflect and learn from them.
Consider learning activities as building blocks that can be arranged in many possible ways.
Constantly ask, "What's being taught?" and if a clear answer doesn't come, then reevaluate.

Be foolishly optimistic enough to believe in your students, even if they do not believe in themselves.
Experiment continually.
***
Today I noticed a "Journal of Eco-Philosophy" printed on non-recycled paper at a library.
In our Internet Age, the need for any journal to be printed on paper is questionable.
Moreover, having a so-called "eco-journal" printed on non-recycled paper seems hypocritical.


『教師に成るために』:教育についての考え(第一部)

時間を大切にする。

発見のプロセスとして教えることを見なさい。

人々に勉強したいことを尋ね、興味を生かす。

教え始める前にすでに他が知っているものを発見しなさい。

シンプルさを目指し、いくつかの重要なポイントにレッスンを煮詰めます。

間違いを恐れないけれども、彼らを反映して、学ぶ時間をとってください。

多くの可能な点で配置できる建築用ブロックとして活動を学ぶことを考慮しなさい。

常に「実際に何を教えているのですか?」と尋ねる。そして、はっきりした答えが来ないならば、再評価してください。

多くの学生が自分自身のことを信じていなくても、楽観的にあなたの学生愚かに信じてください。

絶え間なく実験する。
***
今日、図書館でリサイクルされていない紙に印刷された「エコ哲学のジャーナル」に気づいた。

私達のインターネット時代に、紙においてどのようなジャーナルでもプリントされる必要が疑わしい。

さらに、リサイクルされていない紙に印刷されたいわゆる「エコジャーナル」を持つことは、特に偽善的です。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app