The Straw Sandals of Binbo Gami Part.6

  •  
  • 233
  • 4
  • 3
  • English 
Jun 13, 2017 01:34
Tobei prepared lots of alcohols and foods, and entertained the god of poverty. "Thanks to your sandals, I could prepare the great meal. Don't be shy and eat as much as you want." "Wow! What a spread! Let's eat." the god of poverty ate foods and drank alcohols. Then he was pretty drunk and said to Tobei, "Phew. I'm stuffed. Hmm. I can't afford to stay here because you got rich. I'll leave here." The god of poverty went out of the house with his sandals. "What a relief!" Tobei and his wife were pleased. Tobei's family slept comfortably that night. The next day, the god of poverty still was in the barn. "Are you still here?" Tobei asked fearfully. "Good morning! I thought there is no comfortable place than here. I'll stay with you again." he smiled and said. Tobei sank down to the ground. However, the god of poverty started to make sandals again and Tobie sold them. Thus they lived peacefully although they were poor. The End.
籐兵衛はたくさんの酒や食べ物を用意して、貧乏神をもてなしました。
「あなたのわらじのおかげで、こんだけのご馳走を用意できました。遠慮しないでどんどん食べてください。」
「おぉ、なんていうご馳走だ。早速食べよう」
貧乏神は薦められるがままに食べたり飲んだりしました。
すっかり酔っ払った貧乏神は籐兵衛に言いました。
「ふぅ、満腹だ。うーん、生活が豊かになってしまっては、私はここには居られないな。ここから出て行くことにするよ」
貧乏神はわらじを履いて家から出て行きました。
「やったぞ!」
籐兵衛と彼の妻は喜びました。

その日、籐兵衛の家族はぐっすり眠りました。

そして次の日、なぜかまだ納屋に貧乏神がいました。
「まだいたんですか?」
籐兵衛が恐る恐る尋ねました。

「おはよう!ここより快適な場所があるとは思えない。またここに住むことにするよ」
貧乏神は、笑いながら言いました。
籐兵衛は、その場にへたり込んでしまいました。

しかしながら、貧乏神はまたわらじを編み始めたので、籐兵衛はそれを売り、貧しいながらも、平和に暮らしました。

終わり
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app