Spoon Collection and Turkey Travel - Part5 スプーンコレクションとトルコ旅行 その5

  •  
  • 322
  • 23
  • 2
  • English 
Mar 8, 2018 18:57
The stained glass of the blue mosque were beautiful and also ceiling painting great.
In the evening the place is lit up in the night.
However, when we went there it was day time, so we couldn't see it.

We went to next places, it was places called "Basilica Cistern".
That palace there were underground, the place inside was very cool.
I went to the Turkey at the end of June, it was very hot and there were sunlight was strong.
I'm relieved because I was freed from outside heat.

"Well, Let's go home."
“Already?”
"I’m tired."
"Well then after one place."

As for my friend, I guess that was she wanted more to entertain a guest to came from afar.
I followed her, because there were no choice but to do so.
She took me to Grand Bazaar.

Grand Bazaar is "Kapalıçarşı", it means Turkish "roofed market", but it is common to call in English.

According to the guide book, it is the largest in the world and there are 4000 shops.
I don't know if it's true, probably, there are that much.
"I'm tired" I so saying with this, but I interested.
I bought some souvenir to my family. and I looked for something for myself, to memories of my trip.

When we entered silver products shop, I found small spoon.
"Oh! this is good. This is no bulky, and written as "Turkey".This fits perfectly for me!".

https://postimg.org/image/flzx1tikj/

Oh! After this, if I get a chance to go to another country, souvenir is spoon nice.
Such spoon is selling everywhere, and price also suitable.
When someone go to the trip, I can ask other person.

My spoon collection started for this reason.
When I count it, now, I had 36 spoons, it is not 36 country. Some spoon is same country, but different city.

My spoons is not increased recently, but last month my older brother bought for me, at his business trip destination.

I asked him, "Are you not business trip again?" He said, "I'm sick of it ".


Thank you for reading the long story.
ブルーモスクのステンドグラスは美しく、また天井画も素晴らしかった。
そこは夕方になると、ライトアップされる。
しかし、私たちが行ったのは昼間だったので、それを見ることができなかった。

私たちは次の場所へ行った。そこは 「バシリカ・シスタン」と呼ばれている。
その宮殿は地下にあり、中はとてもひんやりしていた。
私がトルコへ行ったのは6月下旬だったので、とても暑く、日差しが強かった。
私は外の暑さから解放されてホッとした。

「ねぇ、お家に帰ろうよ」
「えぇ?もう?」
「疲れたわ」
「じゃぁ、あとひとつだけ」

友人としては、遠くから来たゲストをもっとおもてなししたいと思ったのだろう。
私は彼女について行った。そうするしかない。
彼女は私をグランドバザールに連れて行ってくれた。
「カパルチャルシュ」はトルコ語の「屋根付き市場」という意味で、英語で呼ぶ方が一般的である。

ガイドブックによると、それは世界最大で4000店舗あるという。
本当かどうかわからないが、たぶんそれくらいあるだろう。
「疲れた」と言いながら私は興味津津だった。
私は家族にお土産を買った。そして自分のためにも何か旅の思い出を探した。

銀製品の店に入ったとき、私は小さなスプーンを見つけた。
「あっ、これはいい。かさばらないし、「トルコ 」って書いてある。私にピッタリ!」

https://postimg.org/image/flzx1tikj/

そうだ! もし今後、他の国に行くチャンスがあったらお土産はスプーンがいい。
こういうスプーンはどこでも売っているし、お手頃な値段だ。
誰か旅行に行くとき、その人にお願いすることもできる。

私のスプーンコレクションはこういう理由から始まった。
数えてみたら、今、36本のスプーンを持っていた。それは36カ国ではない。
何本かのスプーンは同じ国だが、都市が違う。

スプーンは最近増えていなかったが、先月兄が出張先で買ってきてくれた。
「出張はもうないの?」と兄に聞いたら彼は、「もう懲り懲りだよ」と言った。


長い話を読んでくださってありがとうございました。