Mysterious animal teeth - part3 動物の歯の不思議 その3

  •  
  • 54
  • 11
  • 2
  • English 
Nov 14, 2017 16:15
In a more surprising is shark's teeth.
Shark's teeth, it is said that change every two or three days, the number of times reaches 20,000 times throughout a life. 
Wow! That’s amazing! What's going on? 

When we see in entrance of shark mouth, teeth like a knife tip are lining up,
a wide knife is lined up further to the back.
That teeth is change often ,so new teeth is always excellent sharpness.
That's scary! It is just like a "JAWS".

Generally, the mammals' teeth are replaced only one time, elephants are about three or five times.
Squirrel, mouse, porcupine are called Rodentia.
Their teeth are no falls, instead of their teeth continue growing throughout their lives.

However, when a teeth is not worn appropriately, it grow too much, so they need to bite always hard something.
When a teeth is not engaged, they can not eat foods so they die.
For that reason, they necessary to keep a teeth of appropriate length.

At first glance, I feel envy their teeth but when I read carefully, it is not so.
We can not get convenient teeth without any effort.
We should brush our teeth before we do thinking like that.

The teeth is important!
さらに凄いのは、サメの歯である。
サメの歯は2〜3日ごとに変わると言われており、一生を通して2万回に達するという。
わぉ! それはすごい! いったいどうなっているんだろう?

サメの口の入口を見ると、ナイフの先端のような歯が並んでいて、幅広いナイフがさらに奥へ並んでいる。
その歯は頻繁に歯え変わるので、新しい歯は常に切れ味抜群である。
おお、怖っ! まるでジョーズだ。

一般的に、哺乳類の歯は1回だけ生え変わり、ゾウは約3〜5回変わる。
リス、ネズミ、ヤマアラシは、げっ歯類と呼ばれている。
彼らの歯は抜けない代わりに一生、成長し続ける。

しかし、歯が適当に摩耗していないとあまりにも伸びすぎるので、いつも何か堅いものを噛む必要がある。
歯の咬み合わせが悪いと食べ物を食べることができずに死んでしまう。
そのため、適切な長さの歯を保つ必要があるのだ。

一見すると、彼らの歯を羨ましく感じるが、よくよく読むとそうでもない。
私たちは労せず便利な歯を得ることはできない。
そんなことを考える前に歯を磨くべきなのだ。

歯は大切です!