私の忘れられない味「餃子編」

  •  
  • 456
  • 7
  • 5
  • Japanese 
May 7, 2012 21:14
 小さいごろ、近所の餃子店があります。その餃子店の持ち主は軍隊出身者でした。彼は若いときに入隊して、国民党と一緒に台湾に来ました。そして、台湾でお嫁さんをもらいました。その後、除隊して餃子店をオープンさせました。
 そのお店のぎょうざはとっても美味しかったんでした。毎日ふるさとの味を込めて、感情を包み込むことが、餃子が美味しい秘訣だったのではないでしょうか。もし、その店の持ち主が生きていたとしたら、今はもう100歳以上になるかも知れません。
 あの餃子の味はとっても美味しかったのに…。再びあの餃子の味を味わうことは不可能になりました。