セントデービスデー

  •  
  • 371
  • 7
  • 5
  • Japanese 
Nov 12, 2016 22:52
セントデービスデーはウェールズの建国記念日です。セントデービドはウェールズの守護聖人です。一日3月に、セントデービドの逝去の記憶のために。ウェールズで18世紀に建国記念日を宣しました。ウェールズの住民の過半数はセントデービスデーが祝日になりたいですけど、首相トニー・ブレアはこの提案を断ました。一番よく知られる奇跡は、大勢の中で教えている時、地面を盛り上げました。
毎年、セントデービスデーの記念はたくさんイベントとパレードがあります。パレードの大部分はカーディフであります。ある年カーディフ都心に大きなセントデービスデーパレードがありました。パレードにコンサートと二週間に続いた食べ物の祭がありました。あの日の晩にカーディフ中央図書館で無料の食品と演芸がありました。
ウェールズで、最近たくさんほかの町にセントデービスデーのためにパレードがあることは平凡になっています。例えば、毎年スワンシーで一週間もセントデービスデーを記念します。週間の間中に、色々な音楽とスポーツと文化のイベントがあります。以外な場所ディズニーランド・パリスとロスアンゼルスにもセントデービスデーは記念されています。毎年ディズニーランド・パリスはセントデービスデーのためにイベントを作ります。イベントはウェールズのテーマな週と花火とパレードから成り立っています。また、ディズニーキャラクターズは伝統的なウェールズの民族服を着ます。ロスアンゼルスもセントデービスデーの記念があります。毎年にウェールズの芸術と文化ついてのお祭りは起こります。アクティビティはウェールズの音楽と飲食とウェールズ語のクラスとコンサートから成り立ちます。お祭りはアメリカに住んでいるウェールズ人とウェールズの出自の人々の注意を引きます。
セントデービスデーはたくさん伝統があります。建国記念日のとても大切な要素はアイステズフォドです。アイステズフォドはセントデービスデーの主要なお祭りです。言葉の一番的確な意味は「一席」です。このお祭りに、ウェールズの文学を書いたり踊ったり歌ったり演じます。色々な場所にアイステズフォドは起こります。例えば、ウェールズの国立アイステズフォドは時々カーディフ都心におこります。歳々年々国立アイステズフォドの場所は立ち替わります。国立アイステズフォドは八日に続きます。このアイステズフォドは6000くらい参加者と 150000くらい参列者がいます。
セントデービスデーに表象がたくさんあります。例えば、ラブスプーンや赤いドラゴンや葱やラッパ水仙。セントデービスデーに、大人たちと子供たちに葱とラッパ水仙は着られます。子供は小学校によくラッパ水仙と民族服を着ます。また、セントデービスデーにウェルシュ・ケーキやコールのような伝統食を料理して、小学校に食べ物を持つことは当たり前です。
結論としてあまり有名じゃない記念日ですけど、ウェールズのアイデンティティの大切な要素です。どうしてとても大切な要素が考えられていますかの理由はウェールズが小さい人口があるので、自分のアイデンティティが曖昧だろうかもしれません。ほかの国がセントデービスデーを祝うのことはウェールズの意義を強化しますから、とても良くて大切なことです。