ブレグジット

  •  
  • 256
  • 7
  • 2
  • Japanese 
Mar 3, 2017 13:00
今日はブレグジットについて紹介します。どうして英国人はブレグジットに支持して投票することと反対すること話します。それから、ブレグジットの結果を話します。
ブレグジットとは、2016年6月23日に行われた国民投票のために欧州連合から英国の計画な脱退です。「ブレグジット」という用語は「ブリティッシュ」と「エグジット」の合わせたかばん語です。
欧州連合は政治的と経済的の統合を遂げるために、1993年に結成された欧州諸国の協会です。欧州連合の前身は欧州諸共同体でした。1975年に英国で、欧州諸共同体のメンバーシップ国民投票を行われて、英国市民の67%がメンバーシップ一に賛成票を投じました。それ以来から、英国とジブラルタルは欧州連合の加盟各国になってきました。しかし、2016年の国民投票では、72%の投票率で、51.9%の投票者が欧州連合から脱退賛成票を投じました。
はじめに、ブレグジットに反対票を投ずた人々はどんな人ですか。
有意義な統計量は18歳から24歳の人々の73%がブレグジットに反対票を投ずました。しかし、この人口動態の投票率は36%しかでした。10歳以下の子供がいる大半の人はブレグジットに反対票を投ずるし、男性と女性は等しく投票をしました。
反対票を投ずるのどんな理由でしたか。
まず、大した理由は仕事でした。約350万人の英国の仕事は欧州連合の単一市場のメンバーシップに直結します。
追加の理由は輸出と投資でした。欧州連合は英国の輸出の50%以上を買いし、30万社以上の英国企業と74%の英国の輸出業者が他の欧州連合市場で働いています。
最終の大した理由は海外で働くことと勉強することの自由と楽な旅行でした。140万の英国人が欧州連合で海外に住んでいます。 欧州連合の2012年から2013年までのエラスムス学生交換制度には、14500人以上の英国学生が参加しました。
次は、ブレグジットに支持して投票すた人々はどんな人ですか。
欧州懐疑主義の右翼のイギリス独立党の味方の96%と65歳以上の英国人の61%は欧州連合から脱退を投票しました。
支持して投票するのどんな理由でしたか。
まず、ブレグジットはたくさん英国人がほしい昔風な英国の文化の象徴になってきました。調査によると、離脱派の人々は大抵多文化主義、社会自由主義、フェミニズム、環境主義などの概念のが嫌いです。
ほかの理由は、ブレグジットの支持が経済的に弱者と感じる英国人の抗議投票だったという説をよく信じられました。
最終の理由はブレグジットの誇大で語弊の約束でした。例えば、国民保健サービスのため資金手当の程度は大げさでした。も一つは欧州連合を脱退すると、単一市場のメンバーシップを保てません。
果たして、ブレグジットは影響がたくさんありました。
社会的に、イングランドとウェールズにマイナス影響がありました。 国民投票の次の月に、人種的な憎悪犯罪は41%増加した。
国民保健サービスに離脱に投票運動が3.5億ポンドを約束したけど、国民保健サービスにはお金はありません。 元イギリス独立党党首ナイジェルファラージは、この約束は間違いであると述べた。 調査によれば、英国の人口の47%が虚偽の主張を信じていました。それから、意向調査は投票を後悔したブレグジット支持者の数がブレグジットの成功の元のマージンよりも大きいことを示しています。
その反面、プラス影響は脱退の直接の影響はポンドの価値の下落でしたけど、英国の観光産業に役立つという意見 もあります。
その上、英国の製造活動は、国民投票の次の月に2年以上で最も速いペースで増加したと伝えられていました。
結論として、ブレグジットに反対していた人々は大抵将来の人種統合と海外雇用の機会を考えている若い人々でした。一方、ブレグジットを支援していた人たちは一般的に、財政的に恵まれなかった高齢者であり、英国が変わる必要があると感じました。
私は言語の学生であるため、偏っているかもしれませんけど、ブレグジットが英国にとって大きな不利益であると信じています。特に、私は人種の統合と寛容は社会の発展にとって重要な要素だと信じています。これに対する、ブレグジットは社会的に逆行だと思います。