2017 2 問4

  •  
  • 237
  • 6
  • 2
  • Japanese 
Dec 11, 2017 18:09
2017 2 問4

親友の間は互いに書物を共有することで、より深く理解し合うことができると言われるが、果たして本当にそうであろうか。私は、必ずそうとは限らないと考える。
なぜかというと、どんな書物を読んでいるかはその人の気になっていることと違う場合があるからである。例えば、誰でも学生時代に先生が指定した本を買った経験(改:こと)があったのだろう。つまり人々は自分が買いたいから買うのではなく、買わなければいけないから買うことが多いのだ。故に、その人が読んでいる本を読めば、心の深いところを理解できるとは言えないと思われる。 
それに、自分の読んでいる本を他人に借ってあげたこと(改:それに、自分の本を他人に借ってあげたくない人も少なくないので、書物の共有は難しい。)。。(この段落を削除したいと思います。)
確かに、言葉が伝わりにくいことを書物を共有することでわかると考えている人もいる。しかし、言葉という直接的なものさえできないこと、果たして書物という間接的なものができるのではないだろうか。 
従って、私は本やDVDなどを共有することは深い理解に繋がると考えない。悩まる時話し合いをすること(改:困る時一緒に解決策を考えること)も、迷惑された時素直に言い出すことも、十分に理解を深めることができる、と私は考える。
参考:

https://timgsa.baidu.com/timg?image&quality=80%20&size=b10000_10000&sec=1512993320393&di=c7d112d96ee2922f4687410dcc04bca2&imgtype=jpg&src=http%3A%2F%2Fd.hiphotos.baidu.com%2Fimage%2Fpic%2Fitem%2F728da9773912b31b0b18bbae8d18367adbb4e1c5.jpg
https://timgsa.baidu.com/timg?image&quality=80%20&size=b10000_10000&sec=1512993357704&di=69a559540160aedb6090bea4795c698d&imgtype=jpg&src=http%3A%2F%2Fb.hiphotos.baidu.com%2Fimage%2Fpic%2Fitem%2Fa6efce1b9d16fdfaeed5b069bf8f8c5495ee7bff.jpg
https://timgsa.baidu.com/timg?image&quality=80%20&size=b10000_10000&sec=1512993418304&di=a143ade47ecd4f4b6643bb4c14cc0c3e&imgtype=jpg&src=http%3A%2F%2Fe.hiphotos.baidu.com%2Fimage%2Fpic%2Fitem%2Faa18972bd40735fa7224383e95510fb30e240864.jpg