「どってことない。」と「何でもない。」について

  •  
  • 480
  • 15
  • 7
  • Other language 
Sep 29, 2016 23:35
「どってことない。」と「何でもない。」について
この二つの言葉のニュアンスにはどのような違いがあるのか教えていただけませんか。また、以下のものについてはどうでしょうか?
「前々から」と「昔から」
「技術」と「技」と「腕」と「奥義」
「名残」と「思い出」
「しぶとい」と「しつこい」
「所詮」と「どうせ」
「勘違い」と「誤解」

付け加えれば、
「これもサービスの一環です。」、
「天涯孤独の身の上ですから・・・」、
「もう一度遣ってみましょう!時間はいくらでもあるのですから、これからは焦らずに遣って見たら宜しいです。」、
「お疲れが溜っているみたいです!」、
「途中で投げ出したら意味が無いような気がするのです。」、
「少々派手すぎではないでしょうか。」、(「「ちょっと」が丁寧じゃないので、少し敬意は薄れる」と、つまり、ふさわしくないと教わりますので、少々を使ってみました。)
「これは自家の両親にも知るべきです。」、(知らせなきゃいけないの意味)
「大変ですね! これはさっそくクリーニングに出さなくちゃ!」、
「エプロンが必要でしょうか。何枚が要りましょうか。」について、(食堂で着物を汚さないのために何かが必要な時)
目上の方に対して、この様な言い方をしてもよいのか宜しければご確認して頂けませんでしょうか。(もし、もっと丁寧な(または、自然な)表現があれば、教えていただけませんか。)

もし、まったく違いがないのなら、
どちらがより丁寧に相手に伝わる言い方なのか教えてください。
そして、どちらがより公的な場所で、あるいは知的な人が使いそうな言葉なのかも合わせてお願い致します。
いつも、力を貸してくださりありがとうございます。