生徒向け最後の挨拶

  •  
  • 60
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Jul 14, 2019 17:46
皆さんおはようございます。

夏休みは近いですね。お楽しみにしていますか。

すぐに浜辺で花火を遊びながら、スイカを食べるから、もう少し我慢してください。

多分、私の日本語の声を聞くことがはじめてですよね。

正直、7年間日本語を勉強していました。

それなのに、しゃべり方はまだ完璧じゃないので、間違いを許してください。

今まで、皆にずっと英語で話していました。そして、難しくても、皆さんは私にお互いに大切に英語で話していました。

それは私がいつも感謝しています。それにより、最後のプレゼントで、皆さんのように、皆さんに自分の言語で語ります。

でも、あまり期待しないでください。これはすごく難しいです。

香住丘高校に派遣されたことについていつも幸運のものだったと思います。

教師と生徒は優しい評判だけじゃなくて、私をよく迎えてくれました。

日本に来た時、だれも知りませんでした。

友達がなくて、日本語があまりしゃべりませんでした。

それなのに、香住丘の人達はお世話になりました。

最初の月、一人の先生は私が初盆の経験ができるために、私を家に迎えに来て、家族に紹介しました。

その時、「この人よく知らないのに、家に迎えに来てくれて、個人な式に誘ってくれ、そして家族に話して、先祖の冥福を祈りました。」と思っていました。

この行為はとても優しくて
ところで、この人はM先生です。お礼の申し上げようもない。

他の時、ほかの先生が温泉を経験するように別府まで連れて行きました。

その時、「この人よく知らないのに、今裸で露天風呂に座って、人生についてしゃべている」と思っていました。

外国人にとって、日本人は個人的しすぎて、知らない人に避ける評判があります。

でも、日本の最初の年、香住丘の人がせっかく文化を紹介してくれて、気楽にするようにしました。

その理由から、移民に対して、日本人が凄くポジティブなイメージを持っています。

それから、帰国してから、最後の頼みがあります。国に訪ねる人を迎えに来て、優しくしてください。

移民は好ましからざる待遇を受けやすいです。

親を見るとその態度を見えます。

親はフィリピンからアメリカに1980代移住しました。

アメリカは多文化的な国だけど、アメリカ人はまだ外様向けに注意しています。

親はアメリカに移住してから、アメリカの文化に慣れるように誰も手伝いませんでした。

親は英語がペラペラで、フィリピン訛りでしゃべたから、なまりをからかって、分かろうとしない人がいました。

それから、今まで、親はアメリカ人の友達がいなくて、アメリカ人に注意しています。

私の子供の時、友達のご両親に信頼していなくて、遊ばせてもらいなかったから、私に大変でした。

日本が今よりもっと移民を受ける予定です。

よく日本人が外国人が同化できない恐怖を持っていると聞きます。

親を見ると、その恐怖の理由が分かります。

親は手を伸ばしても、空間ばかり握りなかったので、当然にどんどんてを伸ばさないようになりました。

この方法で文化の泡が作られました。

最初の月、私は手を伸ばして、日本人が私の手をギュットしてくれたから、村八分
から助かりました。

その小さい優しい行為は大きく影響があります。

良く迎えてくれた感じをして、日本人と一緒にこの国を上達しようと思っていました。

新しい文化に同化することは楽じゃありません。誰かが扉を開けないとなりません。日本の将来として、皆さんはその扉の擁護者です。

人に焦っていらだち、怖がり、「その人はほかの人の問題」と思いながら、手伝わなくて、逃げることはしやすいです。

でも、簡単に抜け出さないでください。

未来の世代の日本に訪ねる人にポジティブなイメージを与える力を持っています。

だから、迷っている韓国人の観客を見るか、スパーで困っているネパール人の家族を見るの場合、私のことを考えて、私だったら、どうやって手伝うと考えてください。

心の底からありがとうございました。
Hello everyone.

Summer vacation is soon. Are you excited?

Soon you’ll all be playing with fireworks on beaches while eating watermelon, so just hold out for a little longer.

I think may be the first time many of you are hearing my ‘Japanese voice’.

Truthfully, I have been studying Japanese for 7 years now.

Despite this, I’m still pretty bad at speaking, so I hope you’ll forgive any mistakes I make.

Until now, I always speak to you in English, and you’ve graciously spoken English back to me, even though it is difficult for you.

I’ve always appreciated that. So because you’ve always spoken to me in my language, as a final gift to you, I’d like to address you in your language.

But please don’t expect too much. This is really hard.

I’ve always considered myself very lucky that I was placed at Kasumigaoka.

Not only because the teachers and students have a reputation for being kind, but because everyone here has tried to make me feel welcome in Japan.

When I first came to Japan, I knew no one.

I had no friends in the country, and I couldn’t really speak the language.

Despite this, people at Kasumigaoka were kind to me.

In my first month, one of the teachers took me to their home to experience Hatsubon and introduced me to their family.

I remember thinking, “I barely know this person, and yet they’ve invited me into their home to a private ceremony, and now I’ve spoken to their family and prayed to their ancestors.”

It was an extremely kind gesture, and _______

Incidentally, that person was M_____ sensei. I cannot thank you enough for that.

Another time soon after I arrived, another of the teachers drove me to Beppu to experience onsen.

I remember thinking, “I barely know this person, and now I’m sitting in hot water outside naked next to them talking about their life.”

Japanese people have a reputation for being very private, and of keeping their distance from strangers.

Yet, my first year in Japan, people at Kasumigaoka went out of their way to introduce their culture to me and make me comfortable.

As a result of this, I have a very positive image of Japanese people as an immigrant.

And so, I have one request of you, to do after I leave, and that is to be welcoming and kind to those who come to your country.

I ask this, because it is very easy for immigrants to be treated badly or made to feel unwelcome.

I can see this attitude in my parents.

My parents immigrated to America from the Philippines in the 1980s.

America is a multicultural country, but people generally are wary of outsiders.

No one helped my parents adjust to American culture when they arrived.

My parents were fluent in English but had Filipino accents, and people would refuse to understand them or make fun of their accents.

As a result of this, even to this day, my parents do not have any American friends, and are still generally wary of Americans.

This made it difficult for me growing up, because they did not trust some of my friends’ parents and did not want me to play with them.

Japan is set to accept more immigrants in future years.

I often hear how Japanese people are afraid that foreigners will not assimilate into Japanese society.

Looking at my parents, I can see how that may not happen.

They reached their hands out, and grasped only air, so it was natural that over time they stopped reaching out.

This is how cultural bubbles form.

I was very lucky, because in the first few months I was in Japan, I reached out and a Japanese person grabbed my hand.

Those small acts of kindness can make all the difference.

I truly felt welcomed, and that I wanted to work with Japanese people to help make this country better.

It is not easy to adapt to a new culture; someone needs to let you in. As the future of Japan, you are the gatekeepers.

It is very easy to be impatient with people, to be afraid of them or to think ‘They are someone else’s problem’ and run away and not help them.

I challenge you instead to not choose the easy way out.

You have the power to set a positive image for future generations of visitors to Japan.

So the next time you see a group of lost Korean tourists, or a Nepalese family confused at a grocery store, I hope you think of me, and what you would do if it was me that needed help.

Thank you again from the bottom of my heart.