桃太郎の書き写し 第三部

  •  
  • 225
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Jun 9, 2016 02:48
桃太郎の書き写し 第三部

2:43 から 4:06 まで

(2:48)
そのころ、都では、鬼たちが(大わばれして???)、悪さを働き、都の人たちは振るしまられていました。

(3:03)
桃太郎は言いました「おじいさん、おばあさん、僕は都の人を助けたい。鬼ヶ島に鬼退治に行ってくるよ。」

(3:13)
「桃太郎や、そんな危ないことは止めておくれ。」

(3:19)
「そうじゃ、鬼は強くて、都のお侍さまでも、どうにもならないんだよ。」

(3:31)
「僕が鬼に苦しまれている人々を(ほっておけない???)。僕がきっと倒してくる。」

(3:37)
「そこまで言うなら、しかたがない。」

(3:40)
そういうと、おじいさんとおばあさんは吉備団子を作って、桃太郎に渡しました。

(3:49)
「この吉備団子を食べたら、元気になって、力が何倍にもなる。きっと鬼を退治して、無事に戻ってくるんじゃよ。」

(4:02)
「うん、分かった。ありがとう!」
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app