桃太郎の書き写し 第二部

  •  
  • 388
  • 0
  • 4
  • Japanese 
Jun 4, 2016 14:42
桃太郎の書き写し 第二部

1:23 から 2:43 まで

(1:23) 
「おじいさんに持って帰ったら、きっと喜ぶじゃろうな。」

(1:34) 
おじいさんが家に帰ると、家の苫には、おばあさんが持って帰った大きな桃がありました。

(1:44) 
おじいさんは嬉しそうに、「これは美味そうじゃ」と早速、包丁を持って、桃を切ろうとしました。

(1:56) 
すると、オキャーッという声とともに、大きな桃が(はっくい???)、二つに割れて、中から男の子のあかん坊が現れました。

(2:13) 
子供のなかった二人は「変化の贈り物じゃ」と、大層、喜んで、その子を桃太郎と名付け、大事に育っていました。

(2:32) 
桃太郎は、 すくすくと、元気に育って、(はちまち???)立派な青年(人、???)成長しました。

つづく