中国の歌姫、王菲の【流年】歌詞翻訳

  •  
  • 2644
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Feb 3, 2012 21:52




【華人世界では、テレサ・テンに継いで、もう一人の歌姫】王菲の歌の中に、この歌「流年」が大好きです。この歌の歌詞は、現在華人世界で最も有名な作詞家林夕が書いたのです。林夕の出身は香港大学の中国文学学部で、書いた中国語の歌詞は深くて美しいです。

(歌の名前「流年」は、中国の占いによる毎年の運命という。歌詞には仏教の輪廻思想と道教の占い用語が見える。)

訳:ある天使の欠点を気に入っている。悪魔の言葉で述べている。神様が空の上からそれを見ると、ただまばたきして、最後に眉をひそめてうなずいた。

ある真面目な冗談を気に入っている。花が咲く時間をかかってそれを聞いている。あなたが私の隣を通り過ぎた瞬間、五月の澄んだ青空に、突然稲妻が走った。

生きている間に、避けられず、またあなたに出会えてしまった。手の平に、付きまとう線が現れてきた。

聞き分けが出来るようになる前から、心が動いた後まで、(神様から見ると)一日に過ぎない。その年の運命を。つかめず、占っても分からない。(人生が変わる年はいつ?)

ある花火大会に出会った。輪廻の時間をかかってそれを見た。紫微星がを流れていって、さよならと言いたいけど、もう間に合わなく、すでに一光年離れた。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app