ストーリーです (^-^)

  •  
  • 570
  • 17
  • 4
  • Japanese 
Jan 10, 2013 23:20
もっと美しい、小学校っぽくない日本語に添削してもらいますか。
お願い致します。m(_ _)m

いくつの鐘が鳴っている。強大な光は地平線の下に沈んでゆく。
景色が薄く消え始めて、闇と言うものに萎む。
いくつの鐘が鳴っている。聞いたとたん家に帰る。
何も考えずに。

A number of bells are ringing. That big light sinks below the horizon.
Sceneries start to thin out, fading into what we call as darkness.
A number of bells are ringing. I return back back home when it does.
Without thinking of anything.

周りの青葉の香りがまだ鼻に辿り着く。
足の下の小石がまだ感じている。
家に歩く続いて。
何も見えずに。

The fragrance of the fresh leaves around me still reach my nose.
I still feel the small stones under my feet.
I continue walking home.
Without seeing anything.

突然な閃光が乾いた植物を燃やす。つちにある白蝋。そのキャンドルを取って、炎を使って、光させました。

The sudden flash of light burned the dry vegetation. Wax on the soil. I pick up that candle and lit it up with the fire.

再び歩いて、家に着く。住む場所の中で、光と暖かさを持っているキャンドルは起立した。雷がくれた光と暖かさ。

Once more I continue my walk home. In where I live, stands the candle at attention. It gives off light and warmth. Light and warmth of the lightning transformed.

真夜中でも、心が軽く始めた。鐘がまだ遠くに響いている。太陽が近いうちに空を明るくするけど、その時がやってくるまで、キャンドルの光と暖かさに浴びます。

Even in the middle of the night, my heart starts to lighten. The bells echo in the distance. In the near future, the sun will light up the sky again, but before it happens, I will bathe in the light and warmth of my candle.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app