日本経済の急速な成長とともに、世界船市が上昇の時期に入って、日本の造船業は経済、市場などさまざまな要素の推進によって、高速発展の時期に...

  •  
  • 118
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Dec 31, 2016 23:47
日本経済の急速な成長とともに、世界船市が上昇の時期に入って、日本の造船業は経済、市場などさまざまな要素の推進によって、高速発展の時期に入りました。1956年から1975年まで、日本の造船の生産量は年平均成長率は13%に達しました、常に世界首位、そして国際市場で徐々に欧米諸国との距離が引き離してきた。
日本の造船業の急速な発展は三つの原因がある。
第一は国家の支持です。造船業の急速発展の主要な原因の一つは国家の強力な支持した。二戦後、日本が立ち上げた『造船法』など造船業に関する30以上に達した法律や時期に即した作り上げた政策や対策が日本造船業の発展を進む。例えば、輸出助成政策、利子補給、計画造船、海運集約、造船規制勧告等。
 第二は造船業の遺産の活用です。まず、戦前、日本の造船業はイギリスに次ぎ、ドイツなどと並ぶ建造高を記録していたことが重要である。日本の造船業は、戦時期には重点産
業として生産設備の拡充、労働動員が行われ、1944年には3年の約4倍にあたる170万総トンの建造が行われた。
戦後、生産設備の多くは残存したし、造船技術者が多数生み出され、ともかくも船舶建造現場の経験をもった労働者が多数存在した。これは戦後の発展にとって歴史的な遺産というべきものであった。