Japanese: Quite Confusing to Use 言う,いう in Cases / 日本語の「言う」と「いう」の使い分けが難しいかも T_T

  •  
  • 1062
  • 3
  • 1
  • English 
Sep 26, 2012 22:34 English Japanese language learn study 英語 日本語 日本語習得 語学 学ぶ 習得 勉強
A while ago, I made a correction of the entry a friend posted today.
So, I would like to pick it up for today's journal.

I corrected this Japanese sentence「独裁者」と言う映画です as 「独裁者」という映画です.

Well, this may be a very difficult usage of kanji also for Japanese people. In this case, we can't exactly say it's wrong. But a Japanese language expert explans like the following.

<言う>
言う should be used to describe what someone thought and SAID.
To name a few:

Mr. A SAY ~
Aさんは~と"言う"

He SAY what he wants to say.
彼は言いたいことを"言う"。

To put it bluntly, ~
はっきり"言って、" ~

---------------
<いう>
いう should be used in the case that the meaning of 言う itself became weaker. To say more practically, "いう" is to be a wording discribing hearsay information or metaphorical sense.
For instance:

The person CALLED as A
Aさんと"いう"人

In a moment
あっと"いう"間に

That explains
~と"いう"ことだ。

At a critical moment
いざと"いう"時

Come to think of it,
そういえば、

That's it. All of them are fefered to "記者ハンドブック" puplished by 共同通信社

Thank you my friend! You provided the precious opportunity to think of this matter.
And thank you for reading, everyone! I hope this entry would be somewhat helpful for you learning Japanese^^
Matane (^_-)-☆
さっき、友達の日記を添削したんだけど、今日はそれを話題に取り上げたいと思います。

"「独裁者」と言う映画です "という日本文ですが、"「独裁者」という映画です"というふうに修正させてもらいました。

でもこれは日本人にとっても、とても難しい漢字の使い方で、この文の場合、必ずしも間違いとは言えないかもしれません。でも、ある日本語に精通している人が下記のように説明しています。

<言う>
「言う」は誰かが思って言ったことを述べたりする場合に使われます。
2,3例をあげると:

Mr. A SAY ~
Aさんは~と"言う"

He SAY what he wants to say.
彼は言いたいことを"言う"。

To put it bluntly, ~
はっきり"言って、" ~

---------------
<いう>
「いう 」は、本来持っている"言う"の意味が薄れた場合に使われます。つまり、伝聞や比喩的な言い回しを述べる時です。
例えば:

The person CALLED as A
Aさんと"いう"人

In a moment
あっと"いう"間に

That explains
~と"いう"ことだ。

At a critical moment
いざと"いう"時

Come to think of it,
そういえば、

以上、共同通信社の記者ハンドブックを参照しました。

ありがとう! これを考える素敵な機会をくれた友達に感謝します。
それから、皆さんも読んでくれて有難うございます。この投稿記事が日本語を勉強する皆さんの、いくらかでもお役に立てれば幸いです。
では、また。