時間の真っ先に

  •  
  • 584
  • 12
  • 4
  • Japanese 
Jul 4, 2011 02:07
歴史を考えてみれば、転回が多すぎる。
教科書のページをめぐり、時代次から次へいくと、目の前には歴史を変えた歴史ばかり現れている。
ちょっと、でたらめじゃないか~!

じゃ、間違いはどこでしょうかね?
過去である歴史を変えることが出来ないんだったら、
過去から過去を変えるって、その二倍無理。

***

十秒前のことと百年前のことには、少なくとも一つの共有時点がある。
どちらも、同じ過去だ。

過去というのは、そのままで歴史の奥に永遠に残り続く誰かの淡い昔の感想。
どうしようもない。
そのままで。
過去というのは、歴史を創っていく人間を変えた大事な経験の記憶のこと。
取り返しのつけることなど、この世にはあるまい。
歴史が戻って来ない。それは全く、
どうしようもない。

ただ、一つだけ過去になってないところがいつでもある。
わずか一瞬で匂いも残さず去る、もう既に過ぎ去っていくんだけど、
その同時に、一つだけ重要なのが、人間とその歴史を変える時間がここに在る。
これからも、
これを読んでからも、新しいのが来る。

一体どこで、いつなんだろうな~

そういえば、焦点という言葉の意味は最近までよくわかると思っていたんだけど。