見物

  •  
  • 483
  • 7
  • 3
  • Japanese 
Apr 27, 2010 21:18
皆さん、こんにちは。

今日はちょっと哲学的な話をさせていただきます。

いろんな見物をして 楽しんでいるのですか?

一般的な見物とはどのように見えますか?
人が大勢で たまに何も見えなくて、分からなくて、帰りたくなっちゃうこともあります。
そういう見物はなかなか楽しくないと思います。
結局大体の観光客はただ写真を撮りに来ているだけらしい。。。
同じ写真はもうすでにネットで数多く載っているのに。

それとガイドはなんか不自由な感じがします。
ガイドに導かれたら ガイドのいう道を歩いてガイドの目でものを見るというわけ。。。
前に万人が歩いた道を更に歩くのがいいのかなあ。
一方ガイド、かわいそうだと思いません?
一日に何度も同じ道を歩くだけでなく、同じ話が通じるようにどれだけ努力しているものです。本当に偉い仕事だな。

だけど自分の清潔な印象を作るために 自分のガイドにならなくてはいけないと思います。

もし地図もなし旅に出てみたら、心の指導を伴って、知らない進路の乗り物に載ったり、足で歩いたり、好きな方だけに曲がったりして、そのようなことやって いつか新しい世界を発見出来るんじゃないかなあって。。。そして見たことない綺麗な写真を撮るように成ります。

そういう旅行をする為、少しぐらい勇気が必要かもしれません。
だって現代人はみんなマップやマニュアルに慣れたものですからね。

旅に出る必要なものは全部己の中にあるというわけです。
それを使ってどこに行っても きっと迷いません。
(あっ、あとはクリーンな下着や着良い服もお忘れにならないように。:))

己の道を歩くのが幸せになる唯一の方法だと思います。
そういう道を歩く人間の一人私がなりたいです。

***
共感ができたかどうかかまわず、
以上の文をお読みになった方に 心から感謝しています。