世代の差

  •  
  • 449
  • 8
  • 3
  • Japanese 
Apr 21, 2016 12:58
世代の差
昨日、「ゆとりですがなにか」という日本のドラマを見ました。
面白かっただと思います。
台湾では、ゆとり教育政策がないため、ゆとり世代という言い方がありません。
でも、年齢が近くて同じ世代の関係ので、ドラマの内容について、私は共鳴してしまっていました。
台湾では、「七年生」と「ストロベリー族」という言い方があります。
それらの名詞は1980年~1990年間に出生された人たちに、ストレスに弱くて、
安定性が悪くて、服従性が良くなくて、個人の利益が優先ですと特性を示します。
私は異なる世代は違い特性があると思います。
互い方は利点も欠点もあります。
確かに、若い人は自己中心性で、わがままおおざっばです。前代のつくづく注意することを学びして、もっと周囲の人を気を遣いべきです。
しかし、倫理を重視しすぎて、事の理非曲直をとわず、コンプライアンスを強調しすぎて、、悪い効率を引き起こします。創意や活力を潰します。
これらは進歩を阻む理由です。
私は一つの面白いストーリを思い出した。
ある人がそう言いました。
以前、上司はドキュメントをフロアに投げましました。部下にそのドキュメントを拾い上げさせられました。
今の時代、上司はドキュメントをフロアに投げまします。部下はドアを開けて、直接に離れます。上司は自分にドキュメントを拾い上げしなければなりません。

このストーリは言いたいことは以前の管理方法は今の若い人に合いません。
私は異なる世代は相方の自分の違いところを見て、最初から嫌い感じがあることは当然です。
ですが、お互くもっと知るなら、悪い第一印象を変わります。
しかも、お互にとって、たくさんのものを学べるかもしれません。
世代差異
昨天看到叫「寬鬆世代又怎樣」的日劇,
覺得挺有意思。
雖然臺灣沒有寬鬆教育政策,而沒有寬鬆世代這種說法。
但或許是年齡相近的世代的關係,看了很有共鳴。
在臺灣,有「七年級生」、「草莓族」的說法。
這個名詞指涉80年後出生的年輕人,有抗壓性低、穩定度低、服從性低、個人權益優先的特性。
我覺得每個世代都有自己的特質,
各有優點和缺點。
的確,年輕人比較自我,也不拘小節,應該多學習上一代做事更細膩並且體貼周遭人。
但是,有時候太強調倫理關係而不論是非,過於強調服從而效率不彰,扼殺缺創意和活力。
這些都是阻礙進步的原因。
我想到一個關於職場上世代差異的有趣故事,
有人說以前是老闆把公文摔到地上,要你撿起來。
現在把公文摔到地上,屬下直接開門走人,老闆自己還要撿起來。
這個故事想表達,以前的管理方法已經不適用於年輕一輩。
我覺得也許不同世代看到彼此的差異,一開始覺得很不順眼,
但是進一步認識後,也許並沒有最初想得糟糕,甚至有很多互相可以學習的地方呢。