バドミントン

  •  
  • 119
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Jul 22, 2018 20:34
もう長い時間、バドミントンを打たないです、バドミントンを打つと、追憶させ、いろんな思い出が浮かびました。
小さい頃、父は私をつれてバドミントンをしたとき、いつもしたくない顔をしました。進学プレイヤーは言い訳として、サポっていました。家族も毎日忙しくて、自分の心身を養生しませんでした。養生の重要性を正視しないいけないまでです。
その時に反逆な私はそのようにバドミントンを打ちたい、バドミントンを楽しむことを思わられませんでした。そして、父ともう一度バドミントンを一緒に打ちたいです。
逝く者は斯のごとくなれども、未だ嘗て往かざるなり。
今を大切しましょう。
羽球
好久沒打羽球了,打起羽球來給我太多感觸,回憶在心中翻騰。小時候父親帶我去打球時,總是嘟著一張不情不願的臉,隨著年紀增長忙於升學壓力,終於有個正當偷懶的藉口,而大家也忙於應付日復一日的壓力,疏於照顧自己的身心,直到不得不正視。
年幼叛逆的我,可能從未想過自己會是多麼想念打羽球,多麼享受這項運動的樂趣。以及,多麼渴望能與父親再打一次球!
逝者如斯、而未嘗往也。
只能珍惜每個當下吧!
http://manapedia.jp/text/3892
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app