猫をしつける(my cat from the hell)

  •  
  • 293
  • 6
  • 5
  • Japanese 
Apr 17, 2016 23:39
猫をしつける(my cat from the hell)
最近、「猫をし付ける」という番組を見ました。
この番組は猫の行為の専門家は、問題な猫の飼い主に助けるリヤリティ番組です。
その猫たちは常に攻撃性があって、飼い主の迷惑を掛けます。
もしその猫の問題を解決させないなら、最悪の状況は、その猫は安楽死させられますかもしれません。
実は、問題な猫は、飼い主は猫の天性によらず、人間の不当な飼い方が引き起こした。
私はこの番組は面白いと思っています。
猫のことをもっと知るだけではなく、人間の行為を反省にできます。
その中で、印象的な一つ画面がっあります。
番組の専門家はある猫を観察した後、その猫は人間の手を焦って怖かった行為を見つけました。怖いすぎるなので、逃すことさえができません。
それはまずい状況だと専門家は言いました。
逃しは生物の本能です。しかし、動物は脆弱すぎる状況で、その本能は忘れましまいます。
私はその状況は人に似でるじゃないと思いだしました。
例えば、ドメスティックバイオレンスと言えば、一般人は離れていいだと思います。
でも、たくさんのDVの被害者は数年をかかって、外の人の援助を求めって、または離れます。
だから、逃しは不可欠な能力です。
管教惡貓
最近看了「管教惡貓」的電視節目。
這個節目是由貓咪行為專家,幫助養了問題貓的飼主的實境節目。
這些貓通常具有攻擊性,所以造成飼主麻煩,
如果貓咪攻擊性的問題不能解決,最壞的情況可能會將貓送去安樂死。
其實貓咪變得具攻擊性,大多是因為飼主不懂得依照貓的天性,給予妥善的照顧。例如,沒有足夠的活動空間、玩耍,或是覺得沒有安全感等。
我覺得這個節目很有意思,除了讓我更了解貓以外,
也讓我從動物的行為中反思到人類行為。
其中,有一幕印象很深刻,專家觀察一隻問題貓,發現牠只要看見人的手就會很緊張,很害怕。因為太害怕了,甚至連逃跑都忘了。
逃跑是動物的本能,但是如果處於太弱勢的情況下,
反而連逃跑的能力都失去了,
專家說這是很糟糕的情況。
這讓我想到人也是如此,
像家暴,一般人都會覺得離開就好了,但是被家暴的人通常要花好幾年才會向外面求助甚至離開。
所以逃跑也是很重要的能力呢!
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app