三国1:「三国志演義」と私の縁

  •  
  • 432
  • 8
  • 5
  • Japanese 
Jun 22, 2016 12:41
三国1:「三国志演義」と私の縁
皆は「三国志演義」という本を聞いたことがありますか。私にとっては、この本と私は特別な縁があります。「三国志演義」は私は高校時代大好きな本の一つです。四大奇書の中に、「三国志演義」は唯一最初から最後まで読み終える本です。この本は文学価値は「紅楼夢」のよりそんなに高いけど、これは素晴らしいもの語りは否定できません。俚諺は「乱世で英雄が出ます」。「三国志演義」の中に、いろいろな君主と将と軍師のことを書かされました。異なる個性と生命歴史を見えます。その時に私はこの本を読んだ感想は「君主(リーダー)は人々適切な位置を置くことです」。
つまり、自分は最も強くない人が、他人の才能を引き出させる人です。
私は君主の個性は矛盾と思います。彼らは部下になってい同情して、他人のタレントを現れる舞台を提供するなので、包容力が必要です。利他的そうです。しかし、一方、部下は自分に忠誠を尽くします。利己的に利益を求める野望もあります。
それ以外、情勢の洞察力と決断も欠かせません。それは難しいことですね。
談談三國1:我和三國演義的緣分
有人有聽過《三國演義》這本書嗎?這本書對我來說,有很奇妙的緣分。《三國演義》是我高中最喜歡看的書之一。也是四大奇中書唯一有從頭到尾看完的。雖然這本書的文學性沒有紅樓夢高,但是不可否認,裡面的故事真的很精彩。俗話說「亂世出英雄」。書中眾多君主將領的故事,每個人有不同個性和生命歷程。我記得當時看完的感想是,好的君主(領導者),是能夠把人放到對的位子上的人。也就是雖然自己能力不是最強的,但是能夠發揮別人才華的人。
我覺得君主的個性是矛盾的,一方面能體恤下屬,給他們發揮的舞台,必須具備包容心。感覺是利他的。但一方面也要讓屬下樂意效忠自己,也必有自私追求利益的企圖心。除此以外,還有判斷局勢的洞察和決斷力也不可缺。
這並不是很容易的事情呢!